芸能人でうつ病と噂されている井上真央だが、なぜそのように言われるのか?

Pocket

今回は芸能人とうつ病の関係についての記事を書いていきます。記事を読んでいただいて少し考える部分もあると思いますが、最後までご覧いただけると嬉しいです。


うつ病とはどのようなことかについて。

まずはうつ病とはどのようなことなのかという定義から紹介していきます。

私たちは、生活のなかのさまざまな出来事が原因で気持ちが落ち込んだり、憂うつな気分になったりすることがあります。しかし、数日もすると落ち込みや憂うつな気分から回復して、また元気にがんばろうと思える力をもっています。

ところが時に、原因が解決しても1日中気持ちが落ち込んだままで、いつまでたっても気分が回復せず、強い憂うつ感が長く続く場合があります。このため、普段どおりの生活を送るのが難しくなったり、思い当たる原因がないのにそのような状態になったりするのが、うつ病です。

みなさんも僕も生きていればいろいろなことがあります。いつもいいことばかりではないですし、すごく気分が落ち込むときもあります。それでもみんな毎日頑張って生きているということですが、実はその落ち込んだ状態からなかなか立ち直れないとものすごく難しい問題ということですね。そしてうつ病の原因や解決方法といったことが明確にわかっていないということから実はうつ病は凄く難しい病気ということです。生活の中での様々なことが組み合わさってうつ病になってしまうとも言われています。僕たちが生きている現代社会にはストレスが多いですから、それが重なってくると凄く辛いということを僕も日々感じています。そして僕たち一般人とは異なる芸能人や有名人ですが、実は違った悩みを抱えているということから彼らもまたうつ病に悩む人がいるということです。というか実は多いという情報がありますので、次の段落でそのことについて調べていきます。

芸能界にはうつ病の人が多いのはなぜなのか?

芸能人といっても同じ人間です。そして実は芸能界および芸能人にうつ病が多い理由としてはこのようなことが挙げられています。

スポンサードリンク

うつ病は芸能人などの人前に立つことが多い仕事をしているにも多く見られることが特徴的となっています。

やはり人前に立つことで緊張するのかもしれませんね。そして実は芸能人独自の悩みもあるということです。少し長くなりますが紹介していきます。

分刻みのスケジュールで、心身が疲れきっているにも関わらず、休養を取れない。最近の芸能界は移り変わりが激しいですから、事務所は商機を逃さないように、人気があるタレントのスケジュールは目一杯に詰め込む

芸能人は休みが取れないということですね。休めないということから肉体的そして精神的に弱っていってしまうということのようですね。たしかに芸能人のスケジュールってメチャクチャハードみたいですから。そして売れる時期はやはり限られているということでその時期は思いっきり仕事を詰め込まれてしまうということから精神的と肉体的にやられてしまうということみたいです。さらに

芸能人は人前に出る仕事であるため自分に対する期待やプレッシャーを感じることが一般人よりも多く、その分うつ病にもかかりやすい。私たち一般の人間も、うつ病で会社を長期間休んだりすることに対して、非常に強いストレスを感じます。多くの目にさらされる芸能界という職場であればそれは尚更です。

僕たちからすれば人気者でいいなって感じますが、それは僕たち一般人の視点ということですね。人前に出るということからやはり様々なプレッシャーを感じてしまうということですね。人の目にさらされることって実はすごく大変なことだと思います。芸能人はパジャマでコンビニには行けないでしょうからね涙(←いかないかな?)さらに

勝つためには手段を選らばないと、言えそうなほどに、競争が激烈で、将来も現在の地位を維持できる保障は充分ない。生き馬の目を抜く芸能界を渡っていくためには、ライバルに負けないように、がむしゃらに働く

常に人気をどのようにしたらとれるかという競争の中で頑張り続けるということでここから精神的に疲れてしまうということですね。気持ちすごくよくわかるな・・・。芸能人という職業は実はすごく大変だなって僕は思っています。常に人気をとれるように頑張り続けるプレッシャーってすごく重いと思います。さらに

芸能人の仕事というものは、誰彼構わず批判の声を受けることが多い。程度は様々ですが、顔も名前も知らない人から受ける誹謗中傷は決して良いものではありません。

芸能人の悩みは誹謗中傷を多数受けることですね。自分は相手の顔を知らないが、相手は自分のことを知っているということで実は疑心暗鬼になりますね。そして

孤高のスターという表現があるように、周りに熱烈なファンはいても、心の問題を相談できる相手がいない

ずっと孤独と向き合ってなくてはいけないということですね。うっか悩みをいってしまおうもんならそこから情報がもれて一気に転落してしまいかねないでしょうから。孤独と闘いながら毎日を過ごしていくということですね。この段落で書いた内容だけで芸能人は大変だなって思います。というような事情が芸能界にあるということですね。このことを念頭に置きつつ少しずつ進んでいきます。

スポンサードリンク

気になる芸能人をまとめサイトから3名厳選しました!

上の段落で書いた事情を踏まえながらネット上のまとめサイトやランキングから僕が個人的に気になるなって人について3人厳選して書いていきます。以下に取り上げる3人に関してはきちんと根拠も添えて紹介していきますから、そこのところをご理解いただけると嬉しいです。ということでまずは1人からいきます。ますは井上真央から調べていきます。

井上真央はなぜうつ病と言われるのか?

実は井上真央は本人がパニック障害であることを告白しています。不安にかられて仕事ができなくなってしまうようです。大河ドラマ『花燃ゆ』で主役の時にパニック障害が頻繁に起きて撮影を休み休みしていたという情報があります。やはり主役としてのプレッシャーがあったんでしょうか?このあと少し休業されていますが今現在は芸能活動をされています。井上真央に関しては本人告白なので可能性が高いですね。ということで続いていきます。

元日本テレビキャスターの丸岡いずみはうつ病を本で告白した?

誰もが羨むような階段日本テレビキャスターとなった丸岡いずみですが、実はうつ病になってしまったという過去があるようです。

東日本大震災の多忙極まる取材を始めた頃から、食欲不振、不眠症などにひどく悩まされるようになり、うつ病と診断されました。

「山」や「川」など簡単な漢字にもルビを振らないと読めないほど思考力が低下していたとか。

激務から精神的にもに期待的にもやられてしまったのかもしれませんね。ちなみに『仕事休んでうつ地獄に行ってきた』という本を出されています。そして気になる丸岡いずみの現在について調べててみました。

現在はうつ病を克服したってホント?

実は丸岡いずみは現在はうつ病を克服しています。この『仕事や休んでうつ地獄に行ってきた』という本の中では自分がしてきた体験談について書かれていて、今悩んでいる人と一緒に前に進もうと頑張っています。自分がした苦労が書かれている本ほど説得力のあることはないので多くの人の背中を押しているようで、すごいなって僕は思います。そして3人目について調べていきます。実は原因がとても辛いことです。

母が亡くなったことが原因でうつ病になった長嶋一茂について。

元プロ野球選手でその後はマルチタレントとして活躍している長嶋一茂ですが、実は母が亡くなったことが原因でうつ病になったみたいです。自分の身近な人が亡くなるということは凄く辛いことですから精神的にやられてしまったんでしょうね。ということで芸能人とうつ病の関係はここで終わりです。最後に少し僕の感想を書きます。

今回のまとめ:隣の芝生は青く見えるだけなのかもしれない?!画像アリ!

今回は芸能人とうつ病に関して記事を書きましたが、僕たちからすると芸能人は雲の上の存在という感じですが実は芸能人には違った形の苦労があるということなんですね。僕はいつも思っていることがあって芸能人でイケメンの男はいいなって思うんですが、実はイケメンだからといって派手に遊びすぎると目立ってしまうので逆にそんなに思いっきりはじけられないのかななんて少し前に思いました(←遅すぎる?!)そしてこの段落に書きましたが、日本語表現で隣の芝生は青く見えると言いますが、それを少しもじって実はそう見えるだけなのかもしれないと解釈してみました。他の人には他の人の苦労がありますから、そんな他人の人生を羨ましいなって思うんだったら自分が楽しめる方法を探したほうがいいと思います。僕もそうですし、皆さんも苦労されて生きていると思うので今回最後にちょっとだけ元気のでる言葉を書かせていただきます。

自分の人生の主人公は自分だけ!

隣の芝生が青く見えたり他人が良く見えることもあると思います。もちろん僕も同じでそう思うことはよくあります。でもそれで精神的に落ち込みそうなときはこの言葉を思い出して少しでも元気になってもらえればと思います。実はすごい名言だと僕は思っています。他人は自分にはなれないわけですから、そこまで他人を気にすることはないし人生の主人公は自分なんだぜということで今回の記事の最後とさせていただきます。最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサードリンク
スポンサーリンク