林修には子供いるの?いないの?養子という噂が出回る理由とは?

Pocket

今回は林修の子供特集です。気になる情報をできる限り網羅していきますので、最後までご覧いただけると嬉しいです。


林修はどんな人なの?意外な子供時代だった?!

名前:林修

出身地:愛知県名古屋市

生年月日:1965年9月2日

身長:175cm

出身高校:東海高等学校

最終学歴:東京大学法学部卒業

スポンサードリンク

所属事務所:ワタナベエンターテインメント

「いつやるか?今でしょ!」という名言で有名な林修ですね。様々なテレビ出ているマルチタレントですが、今現在のすらっとした外見からは想像できない子供時代だったという情報があります。林修の小学校時代のあだ名はデブメガネと言われていて(ひどいな汗)菓子パンを食べて本を読んでいた小学生だったようです。このまま高校まで太っていたようですが、大学生になって

女性に「あんなデブと付き合うわけない」と言われた

ことからダイエットし始めたようです。やはり男を変えるのは女ですね。そしてそんな林修ですが実はすごく綺麗な嫁がいるようです。まあ林修ほど喋りが上手くて知性があれば綺麗な嫁がいるということも納得ですね。ということで気になる嫁について調べていきます。

結婚した嫁はどんな人?気になる馴れ初めは?

林修の結婚した嫁は12歳年下の林裕子という女性です。職業は産婦人科の医師のようです。林修は嫁をそして嫁は林修を尊重しているすごくいい夫婦という印象を僕は受けます。そして気になる馴れ初めですが、林修が予備校の先生ということで実は生徒なのではというようなこともいわれるようですが、そのようなことはないようです。2人の出会いについては2人だけの秘密のようなので情報がなく分かりませんでした。そしてここから林修の子供について調べていきます。

林修には何人子供いるの?

そもそも林修に子供がいるのか?いないのか?ということですが、今回調べて分かりましたが、1人子供がいるということです。そしてその子供が

養子

なのではないのか?というようなことも言われているようなので、なぜそのようなことが言われるのかということについても調べてみました。

2018年3月8日に放送されたバラエティ番組『グサッとアカデミア』(日テレ系)の中で

林修本人が子供がいるということを告白しています。この林修の突然の告白で実は養子なのではというような噂がでたようですが、そのようなことは全くないということです。林修と嫁の子供ということです。今まで誰も林修の子供のことを聞かなかったから答えなかっただけということが真相のようですね。ここから気になる子供の情報について調べていきます。

林修の子供はいつ生まれたの?気になる年齢は何歳?

この上の段落で子供がいるということは分かりましたが、突然のことなのでその子供はいつ生まれたのかということが気になります。2018年3月時点の番組で林修は自分の子供の年齢について

2歳

と答えています。今現在は2019年なので子供は3歳になっているということでしょうね。この番組内で林修はとても子煩悩な空気感を出していましたが、子供は可愛いから当たり前ですね。そしてさらに気になる子供の情報について調べていきます。

気になる子供の名前や性別とは?その子の写真はあるの?

林修の子供について調べてみました。子供の名前や写真については明かされていなかったんですが、性別が男の子ということのようですね。基本的に林修も子供のことを公開しない教育方針なのかもしれませんね。そしてここからは林修の子供に関すること(教育論)について気になる情報をまとめていきます。

林修の子供の育て方とは?

林修の子供の育て方についての気になる情報があるので紹介します。林修はこのように子供に接しているということのようです。

2歳の息子が「よく分かんないくせに新聞とか見てるんですよ」と生活の一端を明かした林先生。それを見て自ら声を出して新聞の読み聞かせをし、その例として「例えば”NEM、ニュージーランドへ流出か”みたいのとかね、そのまま読みます」と仮想通貨NEM(ネム)の流出問題など時事問題を扱う新聞記事を読んで聞かせているという独自の教育方法を告白した。

スポンサードリンク

新聞の内容が分からなくても子供とコミュニケーションしているということですね。とてもいい父親ですね。さらに続きます。

「僕の考えなんですけど、全部分かるように小さい時から教える必要はないと思っているんですよ。分かる部分だけ分かりなさいって。分かんないもんガンガンぶつけてやろうって。僕自身が小さいころ、分かんないままなのいっぱいあったんですよ。でも、いいやと。そのうち分かるだろうと思って。で、何年か経って、これってこういうことだったかっていうのがすごく楽しかったのね。ですから、子ども用にかみ砕かないで、ガンガンぶつけていってやろうと思ってるんですけど」。そう独自の教育方法を明かした林先生。

この引用記事から林修の人間的な大きさを感じますね。子供だからというように子供扱いはしないということのようですね。自分の実体験に基ずいた素晴らしい教育方針だなって僕は思います。なかなかこのような教育方針はできないのではないのかなって思ったりもします。そしてこのようなことを言っているようです。

子供の学力は3歳から5歳の間で決まるとは?!

林修は教育業をしていることからたくさんの子供と接していて実は自分の感覚みたいなものがあるようです。そのことを紹介します。

子供が3〜5歳というと、一般的には仕事が最も忙しい時期でしょうから、子育ては奥さんに任せっきりで、お父さんは仕事みたいなスタイルも多いと思います。

するとコミュニケーションが母親だけに限定されてしまい、良いことばかりとは言えません。

両親が一緒になって子どもとコミュニケーションを取り、色んな刺激を与えたほうが、子供の脳は活性化するでしょうね。

子供が小さい頃からコミュニケーションをとることの大切さを語っていますね。特に子供とよく話すことが大事と言っています。そしてこのようにも言っています。

子供が問題を解けないときには、「わからない時間」をどれだけ親子で共有できるかが大切だと思う。

今回記事を書いていて僕が感じたことはきっとこのようにして育ててもらった子供は親と仲良し関係になれるんだろうなって思いました。同じことを共有することってすごく大事ですからね。そして凄くエリートな林修ですが凄く人の気持ちがわかるなって思うことも言っています。子育てや教育の最大のポイントです。

成長には個人差があり、早めに伸びる子もいれば、後からじわじわ成長してくる子もいる。お母さんは目の前の成績にとらわれないことが重要で、土台を作りなおすくらいの気持ちで、お子さんに正面から向き合うこと。

この林修の言葉は特に素晴らしいと思いますね。母親が自分と向き合っていることが分かればきっと子供は真っ直ぐに育つでしょうし、もしも最初の学力を築く段階で出遅れてしまってもどうにでも取り返せるでしょうから。そして実は興味深いことがあって林修が子供に英語を幼少期から教える必要があるのか?ないのか?というようなことについて語っていることがあるので紹介します。

子供の頃から英語の勉強は必要かについての林修の意見とは?

林修は子供の頃から英語をやることの必要性を感じていないようです。

「子供に早期英語教育をやらせている東大出身の親に会った事が無い」

と言っています。林修の見解としては自分が英語ができない親は子供に早期段階から英語教育をさせようとするようですが、子供の頃は英語ではなく考えることを優先させたほうがいいというような考えを持っているみたいですね。そしてこんなことを言っています。

「絶対に英語の早期教育はしません!」

今まで様々な人を見てきてそして自分の実体験からも確信があるということですね。僕も子供の頃は柔軟な思考ができるように頭を鍛えたほうがいいかなって思う部分に共感します。そして最後に少しだけ僕の感想を書きますのでよかったら読んでいただけると嬉しいです。

管理人の本音:林修の初耳学のツイッターが面白いと思います。

すでにご存じの方もいらっしゃる方もいるかもしれないですが、林修の初耳学のツイッターというものがあります。今回の記事を読んで面白いなって思っていただいた人はこちらも見ていただけると面白いと思います。ちなみに僕は時間があるときにはこのツイッターとかを見ています。いろんな人のつぶやきがあって、そんなふうに思うんだ~とかって読んでいたりもします。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサードリンク
スポンサーリンク