堀田茜は鼻がおかしいとか不自然と何故言われる?昔と今の画像検証アリ!

Pocket

今回は堀田茜の鼻について調べていきます。様々な情報がありますので、ひとつずつ紐解いていきますので最後までご覧いただけると嬉しいです。


堀田茜はどんな人かについて。

名前:堀田茜

生年月日:1992年10月26日

出身:東京都

血液型:B型

身長:160cm

職業:モデル・タレント

スポンサードリンク

事務所:オスカープロモーション

堀田茜は可愛いですね。僕もテレビを見ていて可愛い女の子だなって思っています。そして実はもともと可愛いという情報があります。というのも

すっぴん

が可愛いと言われているようです。この段落の上のある画像がすっぴんの画像ですが、すっぴんでも凄く可愛いですね。ここから化粧してさらに可愛くなっていくということなんですね。すっぴんがここまで可愛い女の子ってなかなかいないんじゃないかと僕は思います。それくらい可愛いですね。そんな堀田茜ですが、実は鼻に関して様々なことがネット上で言われているので今回は気になって調べてみました。情報が多いのでまずはひとつずつ調べていきます。

鼻がおかしいとか不自然と何故言われる?

堀田茜の鼻は不自然とかおかしいというようなことが言われているようです。実は整形しているのではないかというようなことも言われているようですね。もちろん整形しているかどうかの真相は分かりませんが、なぜこのようなことが言われるのかということが気になるのでそこから調べていきます。ネット上では堀田茜の鼻がおかしい理由として

●鼻がたっていること

●鼻の形が綺麗に整いすぎていること

が原因ではないかと言われているようです。この2枚の画像についてそう思われるということでしょうか?ちなみに記事を書いている僕の感想ですが、そう言われれば鼻がピンとしているような気もしますが、それ以上に可愛いですね。可愛すぎますね(←やかましいって感じですね)少し真面目に書きますが、そもそも鼻の形が変わったというようなことからこのように言われ始めたとも考えられます。つまりそのことを判断するには昔の画像を見てみる必要があるということです。ということでそこについて次の段落で調べていきます。

昔は鼻がでかいってホント?

スポンサードリンク

堀田茜の昔の画像について紹介します。たしかにこの段落の画像と上の段落の画像を比較してみるとこの段落の画像は鼻が大きい気がしますね。それに比べて上の段落の2枚の画像は鼻が小さいということを画像比較すると感じます。もう少しこのことについて調べていきます。もう少し昔の画像つまり高校生とか高校卒業とか(卒アル)とかがあれば鼻の大きさについて分かるかなって思ったので、そのことについて調べていきます。

昔の卒アルと今現在の比較画像について。

堀田茜の高校の卒アル写真について調べてみましたが、卒アル写真が見つかりませんでした。卒アル写真はなかったんですが、この写真は16歳の時の堀田茜のものです。この写真は国民的美少女コンテストのものです。可愛すぎますね♪ただし鼻は少し大きい気もします。そして今現在の画像についても紹介します。

この16歳の時の写真と現在の写真を比べると鼻が変わっているような気がしますね。ということの画像検証をしてみた結果わかることは、

昔鼻が大きく太いが今は細くて小さくなったからというような印象を受けます。参考までにもうひとつ画像の比較を紹介します。

(前の画像)

(後の画像)

きっとこのような印象を受ける人が多いということから鼻がおかしいとか不自然といったことが言われるのかなって僕は思いました。ただしだからといって整形しているというような確証にもなりません。少し鼻をいじったのかな?というかんじですかね・・・。そしてネット上でちょっとひどいかなって思う情報があったんですが、そのことについても取り上げます。

堀田茜は鼻アバターと言われているのは何故?

ネット上では堀田茜の鼻がアバターのようだと言われているようです。そのように言われる画像と理由について紹介します。このように言われる理由としては

鼻の付け根がおでこと同じ高さのままなんですよね。また、鼻先に行くにつれて高くなることもなく平坦気味で、鼻の太さも上から下まで均一に感じますが、これがなんとなくアバター感を出しているような気がします。

この引用記事にありますが、鼻とおでこの高さに関してこのように言われたようですね。さらにこのようなことについては憶測でヒアルロン酸を鼻に入れたからではないか?整形しているのではないか?という憶測が飛び交ったようですね。僕個人的には少しは鼻をいじってるかもしれないですが、整形というほどまでしたのかどうかは分かりませんね。最後に少しだけ書きますが、堀田茜は可愛すぎるから嫉妬されているという部分が結構あるんじゃないかなって今回記事を書いていて感じました。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサードリンク
スポンサーリンク