小松菜奈の高校時代の部活は?本人が高校サッカーを応援している姿とは?

Pocket

今回は小松菜奈の高校に関する情報について調べていきます。様々な情報がありますが、そんな秘密にせまってみたいと思います。最後までご覧いただけると嬉しいです。


小松菜奈はどんな人なの?ハーフという噂はホント?

名前:小松菜奈(こまつなな)

生年月日:1996年2月16日

身長:168cm

デビュー:2008年

所属事務所:スターダストプロモーション

現在大活躍中の人気女優の小松菜奈ですね。様々なことが言われていますが、よく言われていることにハーフなのではないのか?ということがあります。そしてこのような情報があります。

スポンサードリンク

小松菜奈は自身のブログでハーフ疑惑の真相を語りました。日本人であることを明言し、世間の疑惑に対して答えたのです。また、ハーフと思われる要素として自身の眉毛の濃さについても述べていたようです。

本人がブログでハーフであるということを否定したので、ハーフではないということですね。両親は沖縄と佐賀の人であるというような情報もあるので、純粋な日本人ということですね。どことなく雰囲気が独特で綺麗なんですが、ミステリアスさも兼ね備えているのが小松菜奈の魅力でもあるのかなって感じですね。そして今回の記事のメインテーマである高校について調べていきます。

小松菜奈の高校時代の部活は?

まず初めに小松菜奈の高校時代の部活の情報があるのでそのことから紹介していきます。実は運動が得意で陸上の大会に出たというような情報もあります。

また高校2年生のときにチアリーディング部に所属していて、イベントに出場したこともある。

というような情報もあります。小松菜奈のチアリーディング部ってとても可愛いんだろうなって感じですね。運動神経がいいということで何でもできるということでしょうかね?そしてここからはどんな高校に通っていたのかということについて調べていきます。

小松菜奈の高校はどこ?

小松菜奈も高校については非公開ということで情報が分からないということですが、ネット上では様々な情報が挙げられていています。その情報を組み合わせるとだいたいここなのではないかなってことが分かってきます。次の段落からひとつひとつ調べていきます。

スポンサードリンク

小松菜奈は山梨県の高校に通っていたの?その高校の偏差値とは?

実は小松菜奈の出身は山梨県であるという情報があります。このことから高校は山梨県の高校に通っていたのではないかということが予想できます。そして小松菜奈は山梨県の帝京第三高等学校に通っていたのではないかという情報が正しいかと思います。帝京第三高等学校の偏差値は39ということです。僕も勉強が苦手で偏差値にして40位の高校に通っていましたが、小松菜奈もそんなに勉強が得意ではなかったのかなって今回記事を書いていて思いました。ではなぜ帝京第三高等学校に通っているというようなことが言われているかというとなんと目撃情報があるということのようです。そのことについて詳しく調べていきます。

小松菜奈の高校サッカーを応援している姿があった?!

小松菜奈が自分の高校のサッカーの応援に行くというようなブログのコメントがあります。そのことを紹介します。

ついに来た!
高校サッカーの時代が。
冬と言えば高校サッカーでしょ!

国立に見にいますよー。
ずーっと行きたかったから
凄い楽しみだなっ
絶対寒いよね(笑)

(※このブログは現在はなくなっています。)

というブログコメントを残しながら、応援に行ったようですがなんとその応援に行ったことがテレビに映ったようですね。こんな可愛い女の子ならまあ目立ちますからね。正確にはこのような感じですね。

そもそも何故、小松菜奈さんの出身高校が帝京第三高等学校と言われているのかというと、どうやら目撃情報があったようです。

小松菜奈の出身高校特定のヒントになったものに小松菜奈の高校サッカーを応援している姿がTVで映っていたという情報でした。

このことから小松菜奈の高校は帝京第三高等学校ということでほぼ間違いなしという感じですね。ただし確証となることがありません。やはり確証と言えば

卒アル

ですね。卒アルについての情報を探してみましたが、ありませんでした。しかしこのような写真がありました。

卒アルはありませんでしたが、なんと卒業式の写真がでまわってしまったようです。この可愛さは確実に小松菜奈ではないかと僕は思います。同じ学校の人がネット上に写真をアップしたのかもしれませんが、ファンにとってはたまらない可愛すぎる画像ですね。小松菜奈みたいな可愛い女の子がいたら確実に学校に行きますね。学校の授業とか分からなくても、一目見るだけでなんか頑張って生きていけるような元気になれるそんな魅力的な人だなって僕は思います。ということで今回の記事はこれで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサードリンク
スポンサーリンク