アスペルガー症候群の噂と有名人(日本人)は山口達也?イチロー?他には?

Pocket

今回はアスペルガー症候群と噂の有名人のなかで日本人にしぼって調べていきます。山口達也やイチローといった名前が出ていますが、他にもいるのでしょうか?気になる情報もまとめてみました。


アスペルガー症候群とは自閉症の1つということです。

アスペルガー症候群という言葉を聞いたこともある人も思います。それはどんなことかについて調べてみました。

アスペルガー症候群は特殊な才能を持ち、天才と言われる人が多いとも言われています。芸能人や有名人に多いとも言われます。特徴は目つきに出ると言われます。またアスペルガー症候群とは、自閉症のタイプの1つに分類されます。特定の分野については天才的な才能を発揮すると言われていますが、一方で人の表情で感情を読み取れない、コミュニケーションが円滑に取れない、人との距離が測れない等の傾向が見られます。アスペルガーの人はコミュニケーションが苦手な事が原因で孤立してしまう場合もあります。身体的特徴としては、目つきがキリッとしている事が多いようです。普段の表情の目つきも、感情が現れにくく「目つきが怖い」などと言われる事もあります。

この引用記事にありますが、アスペルガー症候群は自閉症の1つということなんですね。

またこのようにも言われています。

自閉症の一つとされ、社会性、コミュニケーション、想像性に関して障害があるとされている。

そして何か1つのことに特化していて他とのバランスが取れないということでしょうか?特にコミュニケーションが苦手というような傾向があるということですね。しかし逆を返せばその一つが突出しているということから天才とか言われたりもするんでしょうね。また特徴としては目つきに表れることもあるということですね。また他の特徴もあります。実は

スポンサードリンク

大人

になってからアスペルガー症候群と分かるということもあるということです。しかし子供であっても大人であっても悪いということはありません。

発達障害があるといえども、向いている職業につけばキラリと光る部分を見つけられます。大人になってから向いている職業につけばそこから一気にいい方向へと行くこともあるということです。

人と同じであることが必ずしもいいとは限らないということです。そして僕がいつも思うことですが、人生人ぞれぞれだと思います。自分の人生で配られたカードを最大限に伸ばしていくことが幸福度が高いと思うので、アスペルガー症候群と大人になってからわかったら自分の興味のあることや仕事をを見つけてそこをつきむけていけばいいんじゃないかなって僕は思います。よくアスペルガー症候群は天才が多いとか言いますが、そうかもしれませんが実はその多くの人は自分の状態を分かっているうえではかりしれない努力をしたからこそ結果を出してるんではないかなって思います。天才と言われる人はきっと人に見られる光り輝くその一瞬のためにきっと何万倍の時間をかけているからその光輝ける一瞬があるのではないでしょうか?そしてそんな孤高の天才たちが自分はアスペルガーであるということを告白しています。次の段落でそのことについて紹介していきます。

アスペルガー症候群を公表している日本人とは?

この段落ではアスペルガー症候群であるということを公表している日本人3人を紹介していきます。まず1人目は栗原類です。

このようなことを公表しています。

※ネガティブキャラでブレイクした栗原は、昨年5月放送のNHK「あさイチ」で、過去にADD(注意欠陥障害)の診断を受けていることを告白しました。

※8歳のころ、アメリカで診断を受けました。

※自らの発達障害についての体験を綴った『発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由』(KADOKAWA)を出版した。

栗原類は自分が発達障害であるということを本で公表しました。勇気のある行動ですね。芸能人がこのようなことを公表するとそれ自体で元気をもらえる人もいると僕は思います。

続いてはSEKAI NO OWARIでボーカルの深瀬慧(ふかせさとし)です。

※ラジオなどではADHD(発達障害)及び精神障害だと、精神科で診断されたことを告白しています。

※どん底だと自覚した時に「僕の世界が終わった、ここからがスタートだ。」とそこから逆に切り替え、音楽の世界にシフトチェンジしていったそうです。

※雑誌のインタビューで、発達障害(ADHD:注意欠陥多動性障害)と診断され、精神病院の閉鎖病棟に入っていたことを告白

深瀬慧もラジオで公表していますね。そして何よりカッコいいなって思うのがこの引用記事の二つ目です。自分の考えを正反対のほうに切り替えて諦めないでやる姿勢が人間的に素晴らしいと僕は思います。

続いて3人目が黒柳徹子です。

黒柳徹子もこのような情報があります。

黒柳徹子は01年に出版した著書「小さいときから考えてきたこと」にて、自分は読書障害と計算障害だったのでは、と書いている。

黒柳徹子も本で公表していますが、実は心当たりがあったんですね。

ここに名前があがった3人は有名人ですね。そしてこのような公表をきいて元気になる人も多いと僕は思います。きっとこの3人も自分がこうだと決めたことに突き進んでいったんではないでしょうか?今回は内容が真剣なので真剣に書きますが、やはり自分の人生の主人公は自分ですから自分がいいと思うことをみつけてそこにむかってひたすら進んでいくことがいいと僕は思います。そしてそんなことを思っているときにこのような有名人の公表を聞くとなんか頑張ろうかなって感じになります。それだけ多くの人に影響を与える力を持っている人たちの勇気ある公表だと感じました。そして続いてはアスペルガー症候群と言われている有名人について個別に調べていきます。ちなみに次からの人たちは噂ですから。確証はないのでそこを理解して読んでください。

スポンサードリンク

アスペルガー症候群と噂のイチロー?

イチローはアスペルガー症候群ではないかと言われています。なぜそのようにいわれるかということですが、このような情報があります。

イチロー選手は強いこだわりを持つことで有名です。球場への入り方から打席の立ち方まで全てが細かくルーティンが決まっているそうです。アスペルガーの人に見られる「強いこだわり」を表すエピソードと言えるでしょう。

アスペルガー症候群の特徴として細かいことにこだわるもっといえば徹底的にこだわるということがそのように言われる理由なのかもしれませんね。ただしその徹底的なこだわりを練習にもしているからあのように人がなしえないことをできているのではないかとも僕は思います。続いては山口達也です。

アスペルガー症候群と噂の山口達也?

実は山口達也にもアスペルガーの噂が出ています。ではなぜそのように言われるかということについて調べていきます。理由は以下のようなことのようです。

山口達也さんはよく番組などで話をしているとき、司会として読むべきものがないときの話し方が「単調」だと言われていました。よく、「うん」や「分からない」など、担当な答えをしていることもありますよね。

アスペルガー症候群の特徴の1つにコミュニケーションが苦手というのがあるために、これもそうなのでは?と噂されたのです。

というのがまず1つで、他にもあります。

アスペルガー症候群の人は相手の気持ちを読み取るのがとても苦手であり、そのために空気が読めない人と言われてしまうことが多くあるそうです。

山口達也さんが結婚しているときのこと。子供が熱をだし奥さんに用事があったりして「出かけないで家にいて」と言われたときも出かけてはいけない理由が分からず、「健康のためにお酒をやめて」と言われても理由が分からなかったそうです。

このようなことから実はアスペルガー症候群といったうたがいが出たみたいですね。コミュニケーションが苦手なことと嫁の気持ちが分からないという部分で該当しているもかもしれないですね。ただしこの山口達也も自分で公表しているわけではないのであくまでも噂レベルということです。続いては女性です。

アスペルガー症候群と噂の女性はぱるる(島崎遥香)?

ぱるること島崎遥香と言えば塩対応という表現で有名ですが、実はここに疑惑がもたれています。

これまでの見てきた性格から考えれば、握手会での対応は「無愛想で人見知りな部分が思わず出てしまった」といったところでしょう。握手会やテレビ番組などでも関係なくマイペースぶりを発揮するのは脱帽ですが、そこがぱるるの魅力(に違いない)ので仕方がありません。しかし塩対応があまりにも過剰なため、世間からは「アスペルガー症候群」なのではないかと噂されるまでに・・・

またこのような情報もあります。このことからも実は疑われてしまいます。

● 挨拶をしない

● 握手会での塩対応がひどい

● テレビ番組に出演したときに、他のメンバーに対して気遣いが出来ない

● 総選挙のスピーチでやる気が見られなかった

● アイドルなのに愛想を振りまけない

ぱるるがこの発達障害であるかどうかは、彼女が診断を受けたと言っているわけではありませんから、島崎遥香の様子を見ているファン&アンチ達がそのように表現しているだけでもあるようですが、このような人たちには、次のような得意分野があるといわれています。

● マイルールで突き進める
● 綿密さがある
● ルールが決まっていて、反復がある
● パソコンを使える
● 自分の関心事を掘り下げていける

このような情報の組み合わせから実は島崎遥香はアスペルガー症候群ではないかと言われています。普通に考えればファンに塩対応とかありえませんが、実はそれが作戦なのかもともとそのようなことをする気にならなかったのかという真相はわかりませんが、このように言われています。しかしこれもあくまでうわさであって本人コメントがないので正直分かりません。そして次は少しだけおまけですが、世界の有名人について軽く書いてみます。文章が長文化してきたので少しだけ書きます。

アスペルガー症候群と噂される海外の有名人とは?

実は海外でアスペルガー症候群と言われる人は歴史上の天才ばかりです。この段落ではそのように言われる人物名とその共通理由について書いていきます。

※スティーヴン・アラン・スピルバーグ

※アルベルト・アインシュタイン

※レオナルド・ダ・ヴィンチ

※ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

※フィンセント・ファン・ゴッホ

※トーマス・アルバ・エジソン

※ウィリアム・ヘンリー・ビル・ゲイツ3世

多くの人が名前を聞いたことのある各分野での天才たちです。この天才たちに実はアスペルガー症候群の噂が出ています。そして実は共通していることがあります。その特徴を紹介していきます。

※一般の人には及ばないレベルの集中力とこだわりを特定の分野で発揮する

※アスペルガー症候群の優れた能力の1つに「優れた記憶力と豊富な知識」がある。

※社会性という側面では人付き合いが淡白という印象を感じる反面、得意なジャンルには強いこだわりと質の高いアウトプットを発揮する。

このような共通法則に当てはまります。社会性には欠如しているという一面や対面が苦手というマイナスを抱えていることも事実なのかもしれません。ただし人間にはバランス感覚の生き物なので、何かに欠如していたらその分何かに秀でているということです。もしこの記事をここまで読んでいただいた人で実は自分はアスペルガー症候群ではないか?またはそのように言われたことがあるという人がいたら僕からそんな人に届けたい言葉があります。多分僕もアスペルガー症候群です。そんなことを昔言われたことがあります。でも今は考えを変えました。この偉人たちのように自分で何か一つのことに突き進んでいけば、その先にはきっと幸福度の高い人生が待っていると思います。そんなことを信じて頑張っていきましょう♪最後に一言

世界はあなたを待っている!

ということです。最後まで長文にお付き合いいただきましてありがとうございます。

スポンサードリンク