統合失調症の芸能人で公表した人はいるの?それは堂本剛?それとも岡村隆史?

Pocket

今回は統合失調症の芸能人についての気になる情報を調べてみました。タレントとして活躍している裏ではものすごいストレスを抱えている芸能人ですので、メンタルがやられてしまうということもよくあるようです。そこらへんを調べていきます。


統合失調症とは?妄想とくに恋愛妄想を抱くという特徴がある?

この段落ではまず統合失調症について調べいきます。どのような特徴が出てしまうかということを紹介していきます。

★統合失調症は、幻覚や妄想という症状が特徴的な精神疾患です。

★思考が混乱してしまい、考え方に一貫性がなくなってしまう

★本人は何かがおかしいと自分の中で感じながらも病気だとは思っていないので、他人にはよく理解できない発言や行動が現れてきます

そしてこの統合失調症についてもう少し調べてみます。発症する確率についてですが、なんと1パーセントの人が発症すると言われていてそこまで珍しいということはないということです。

★統合失調症は、およそ100人に1人弱がかかる頻度の高い病気です。

スポンサードリンク

★10代後半〜30才頃の発症が多いです。

統合失調症の特徴としては幻覚や妄想(特に恋愛妄想)を伴うことが多いといわれていて、100人に1人弱がかかるといった可能性があるということですね。ちなみに統合失調症にかかるはっきりとした原因はわかりませんが、遺伝や子育てということからなるわけではなく、ストレスや不安や疲労ということが組み合わさってなるのではないかと言われています。現代社会はストレスが多いですからね。そのような統合失調症ですがもちろん芸能人がなることもあります。そして芸能人では自分が統合失調症であるということを公表したり、告白したりする人もいます。ここからは統合失調症を公表するもしくは告白する理由について調べていきます。

統合失調症を公表する理由は患者の家族を救うため?

統合失調症というとイメージ的にはものすごい恐怖の病気といったイメージがありますが、芸能人がその病気をあえて公表する理由としてはその病気に苦しんでいる人を救うことはもちろんですが、その病気とともに闘っている家族に元気を与えるということから公表するのではないかという情報があります。影響力の強い芸能人が統合失調症と闘っているもしくはそれと向き合って生きているということを本人が示すことによって同じことで悩み苦しんでいる人の共感や代弁になるということでしょうね。やはり影響力の強い芸能人の言葉には説得力があるということですね。ここからは個別具体的に調べていきます。まずは統合失調症であることを公表した人について調べていきます。実は自分では公表していませんが統合失調症ではないかと懸念された人が松居一代です。ではなぜそのようなことが言われるのかということが気になりますので、調べてみました。

統合失調症と疑いのある松居一代?本人のブログの内容から疑いが?

松居一代が実は統合失調症ではないかという疑いがある情報を紹介していきます。

松居一代さんは、2017年自身のブログの内容から精神病を患っているのではないかと心配されました。

「嫉妬して携帯電話を鍋で煮る」「4日間もお風呂に入っていない」「一日500kmフィアットで逃避行する」「ストーカー対策のため、夜は電気を使わない」というエピソードから、統合失調症がうわさされました。

精神科医片田珠美氏は、2017年7月11日付Business Journalにおいて、松居一代さんの症状を統合失調症ではなく、「退行期パラノイアによる妄想」ではないかと推察されています。

松居一代のブログ内容からしてなにかおかしいなと感じる人が実は統合失調症ではないかと思ったようですが、実は違うみたいですね。この引用記事の最後にありますが、「退行期パラノイアによる妄想」とうことですね。統合失調症は妄想するという特徴から誤解したのかもしれませんね。ここらへんは非常にデリケートな問題なのでとても判断などが難しいという感じではないでしょうか?ということで続いて調べていきます。次は統合失調症というとよくそのような可能性を疑われる堂本剛についてです。

精神疾患の疑いのある堂本剛?それを本(書籍)で告白した?!

堂本剛はよく統合失調症といった情報もありますが、実はそれは単なる噂の独り歩きで精神疾患という可能性もあります。そのように言われる情報について紹介します。

堂本剛がホストを務める対談番組『堂本剛のココロ見』を書籍化した『ココロのはなし』(堂本 剛:著、NHK「ココロ見」制作班:その他/KADOKAWA 角川書店)が2月に発売になったが、「死にたいと思って生きていた時期があった」など、精神的に苦しんだ時期を赤裸々に語った。

スポンサードリンク

堂本剛はテレビでは明るいですが、実際にはものすごく辛い思いをしていたということですね。もう少し詳しく紹介します。

2003年には過換気症候群やパニック障害を患っていることを告白した剛。

彼の心の異変は、仕事のために家族と別れ、単身上京した15歳のころから始まっていたようで、本書の中でもそのときのことを「僕、めっちゃ泣きましたね。やっぱり奈良がすごい好きやったし。

やはり仕事とはいえ家族と離れて暮らしているなかではいろいろなことがあるでしょうから、とても辛かったんでしょうね。実は堂本剛がこのような精神疾患になった原因としてはやはりストレスだったみたいです。

その原因とは、実は人前が苦手でそのストレスだそうです。

何かあると胃薬を服用することが多かったそうなんです。

テレビでみる堂本剛の印象と言えば明るいし、歌も上手に歌っているという印象ですが、裏側ではこのような苦悩があったということですね。芸能人は様々なストレスにさらされることも多いのでとても大変だなっていつも僕は思います。ということで続いていきます。

精神疾患の疑いのある岡村隆史?

岡村隆史の精神疾患でとても悩んでいたみたいです。このような情報があります。

当時は一睡もできなくなってしまったという。その状態が何ヶ月も続き、ラジオ『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)のネタハガキを選んでいる時も「あれ、これ採用やっけな、不採用やっけな?」と分からなくなり、気がついたらハガキが周りに散乱。「ええ?どれ読むんやっけ?」と混乱してしまっていたという。もっとも深刻な時は、自分のサインさえもどうやって書いていたか分からなくなってしまった。当時を岡村は「常にパニック状態だった」と振り返った。

この引用記事以外にも岡村隆史は突然の動悸や呼吸困難といったパニック障害もあったといわれています。岡村隆史がこのようになってしまった原因ははっきりとは分かりませんが、このような情報があります。

一度たりとも自分がスベることが許せなかった。自分ですべてを抱え込み、その責任を背負っていた。それが芸人としてのプライドであり、自分の支えでもあった。

このように自分の内側に抱え込んでしまったということが原因の一つになっているみたいです。こんな状態を感じた相方の矢部浩之が強制的に岡村隆史を休ませたとも言われています。そしてそんな休んでいるときに岡村隆史も考え方が変わっていったみたいですね。もし滑っても相方の矢部浩之が突っ込んでくれるというような考えに代わっていったようでそこから立ち直れたのかもしれませんね。このような話をきくと岡村隆史と矢部浩之はとてもいいコンビだなって思いますね。ということで続いていきます。

統合失調症と噂の稲葉浩志?

あの有名な歌手のB’zの稲葉浩志も実は統合失調症なのではないかといったうわさがあります。そのようにいわれる原因としては歌詞の表現がヤバいからとも言われていますが、これ以上の根拠がないので実はガセネタともとれます。そして続いていきます。

統合失調症と噂の雅子様?

実は皇太子妃の雅子様も適応障害ではないかと言われています。その情報について紹介します。

適応障害と言われています。症状が長く続いているため統合失調症の疑いもあるようです。

やはり皇室ということでずっと緊張状態が続くんでしょうね?今までとは全く環境の違うところでの生活しかも皇室の嫁ということであればプレッシャーやストレスを感じることも多いでしょうから。あまり無理はしないでもらいたいですね。ということで今回は統合失調症と疑いのある芸能人や有名人を5人調べてみました。僕も生活していて感じますが、人間はやはりメンタル(精神力)がとても大事だと思います。精神論についての考えはそれぞれでしょうが、メンタルがやられてしまうと仕事も恋も人間関係も何もかも嫌になってしまうという感じが僕はします。ではメンタルがやられなければ人生うまくいくかというとそんな簡単ではないということも感じます。人生は難しいなって感じですね。ということで今回の記事はここまでです。最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサードリンク