芸能人で難病と闘う人が多いってホント?子供を難病で亡くした芸能人とは?

Pocket

今回は芸能人本人が難病と闘っているということと芸能人の子供が亡くなった人についてのまとめ記事です。最後までご覧いただけると嬉しいです。


克服困難な難病や奇病と闘う芸能人が多いってホント?

多くの人に楽しみを与える芸能人やタレントという職業ですが、実はそんな裏では難病や奇病と闘っている芸能人がたくさんいるという情報があります。その全員をまとめることは難しいので今回の記事では僕が個人的に難病や奇病と闘っている芸能人を5人ピックアップしてみました。病名は何か?そしてどのような状態なのかということについて個別具体的に書いていきます。ということでまずは1人からいってみます。

病名がクローン病の疑いの山田まりや?最近の状況とは?

テレビでは明るいキャラが好印象の山田まりやです。そんな山田まりやですが、実はクローン病を患っていたという情報があります。

『クローン病』とは全消化管に炎症を起こす疾患です。10代から20代に発症することが多く、発症の仕組みは分かっていないものの食事因子や環境が関係しているとも言われています。症状としては吐き気や下痢、便秘などの体調不良です。

かつては引っ張りだこだった山田まりやですが、そんな忙しすぎるスケジュールが全ての原因ではないでしょうが、体調不良で倒れたしまったことがあります。こに体調不良で倒れたことによって、食生活を見直してダイエットに成功してそこからは体の状態が良くなっていったようです。ここ最近ではテレビにはあまり出演しませんが、活躍の場所を変えて本を書いたりしているようですね。自分が病気に苦しんだことそしてそれを克服したことが書かれている内容はとても貴重なものですね。ということで続いていきます。

病名が不明の鷲尾いさ子?最近の状況とは?

鷲尾いさ子と言えばパリコレモデルの印象が強い女優ですね。結婚した旦那が仲村トオルということも知られています。鷲尾いさ子の病気ははっきりとした病名が分からず筋萎縮性硬化症(ALS)もしくはパーキンソン病ではないかと言われていますが、はっきりとは分かりません。その理由は筋萎縮性硬化症(ALS)もしくはパーキンソン病の症状に似ているということからみたいです。ただし病気の症状がとても辛いもので1人で外出することが難しいといわれています。ここ最近の状況としては旦那の仲村トオルが子供の世話をしたり、家事もすべてやっているといわれています。鷲尾いさ子は現在は投薬治療やリハビリということを頑張っているみたいです。とういうことで続いていきます。

スポンサードリンク

病名がベーチェット病のEXILEのMATSU?最近の情報とは?

大人気のEXILEのメンバーのMATSUですが、難病のベーチェット病と闘っているという情報があります。

ベーチェット病とは寛解と再発を繰り返す原因不明の難病で、全身に炎症や潰瘍などの症状が現れる難病で場所によっては急性炎症を繰り返し治りにくい病気です。

このベーチェット病は完全に治ることが難しい病気と言われていて、MATSUも現在このベーチェット病と闘っています。

完治が難しい難病で寛解・再発を繰り返しますが症状によっては徐々に病気の勢いは衰え、20年ほどで再熱しなくなる難病『ベーチェット病』ですが、実は眼病変だけは治療が遅れると失明してしまうのです。

MATSUは実はこのベーチェット病によって左目を失明したといわれています。ベーチェット病は体に疲労がたまってくると動けなくなってしまうまたは熱が出てしまうといった症状があるようで、最近のMATSUは薬を飲んでこのベーチェット病と闘っているみたいです。そんなMATSUのことを嫁が陰から支えているという情報もあります。とてもいい嫁ですね。ということで続いていきます。

病名が膠原病の酒井若菜?最近の情報とは?

酒井若菜といえばグラビアや女優として活躍していますが、実は膠原病ということが分かっています。このことについて紹介していきます。

2016年2月に発売された自身の対談・エッセイ本『酒井若菜と8人の男たち』作中で『膠原病』であることを告白しています。

酒井若菜本人が語っているといううことで確実ですね。そもそも膠原病という病気について説明します。

膠原病とは、一つの病気の名称ではなく、病理学的に同一の特徴を有する疾患群の総称を示す概念で、1942年に病理学者であったKlempererらにより提唱されました。

概念的には下記の3要素から成立する疾病です。

●リュウマチ性疾患(関節や筋肉に痛みやこわばりを来す病気)
●自己免疫疾患(免疫に異常がみられる病気)
●結合組織疾患(細胞間の結合組織に異常を来す病気)

疾患の特徴としては、多発性の臓器病変を有する多臓器疾患であるということです。そのため、発熱、関節痛、全身倦怠感をはじめ、非常に多くの症状が生じることがあり、診断までに時間を要することも少なくありません。また、現在でも病態・病因がすべて明らかにされたわけではなく、治療面においても、当センターも含め多方面での基礎・臨床研究が進行中です。

とても大変な病気ですね。酒井若菜は本人が19歳でこの膠原病が発症してこのことから芸能活動を休止していたこともあるようです。酒井若菜もリュウマチを発症して、その痛みから立ち上がれなかったとも言われています。そのときから症状が悪化して指が曲がったままのようです。ただしここ最近では薬がきいてきたこともあって女優としての活動もされています。ということで青く続いていきます。

股関節の難病の坂口憲二?最近の情報とは?

スポンサードリンク

坂口憲二が難病にかかっているという情報を聞いたことがある人もいらっしゃるかと思います。坂口憲二の病気は股関節の病気で歩けなくなってしまう可能性がある難病です。病名は特発性大腿骨頭壊死症といいます。

股関節の病気で大腿骨頭部分の骨組織が壊死、関節が変形や破壊されてしまう疾患です。初期は歩行や階段が困難になり、坂口憲二さんも杖をついた姿を目撃されています。

『特発性大腿骨頭壊死症』は初期段階では動いているときに痛みますが、進行すれば安静にしていても持続的な痛みに悩まされます。また、関節が変形すれば脚を引きずって歩いたり動く範囲が狭まってしまいます。

この特発性大腿骨頭壊死症についての治療法は2つあります。

①:体重の調整や筋肉を鍛えるあるいは杖を使うという方法

②:手術的治療という方法

この②について紹介します。

「手術的治療」は壊死範囲などの骨を切り取る手術をします。症状の状況によって適切な治療法を行う『特発性大腿骨頭壊死症』はかつては一度壊死してしまうと完治しないと言われていました。しかし現在では壊死部分が圧力により潰れなければ治ることもあるそうです。

そしてこの特発性大腿骨頭壊死症の恐いところはいつ激痛という症状が来るか分からないことです。坂口憲二は特発性大腿骨頭壊死症の手術を受けましたが、このまま仕事を続けていくのは難しいという本人の決断で芸能活動無期限休止という選択をしました。ここ最近の坂口憲二は日常生活では特に問題なく歩けるようですが、芸能界の仕事はしていないということみたいです。というところが芸能人の難病や奇病についてということです。そしてここからは芸能人の子供が難病でなくなったということに調べていきます。

子供を難病で亡くした芸能人について。

この段落では芸能人の子供が難病で亡くなったということについて調べていきます。上の段落は芸能人本人が難病にかかっているということですが、この段落では芸能人の子供が難病にかかって亡くなったいう悲しいことについて調べてみました。まず1人目はオダギリジョーと香椎由宇の子供についてです。

オダギリジョーと香椎由宇との子供の難病と亡くなったことについての情報を紹介します。

4月14日に絞扼性イレウスと診断され緊急手術し、治療を続けてきたが、20日に容態が急変。午前6時23分に息を引き取った。

俳優のオダギリジョーさんと女優の香椎由宇さんの次男(1)が絞扼(こうやく)性イレウス
のため20日に死去したと24日、2人の所属事務所がFAXで発表した。

この度オダギリジョー・香椎由宇次男は絞扼性イレウスと診断され4月14日に緊急手術を行い治療を続けておりましたが4月20日に容態が急変。午前6時23分に息を引き取りましたことをご報告させて頂きます。
なお葬儀滞りなく相済ませました。
1歳9日という短い命ではありましたが、生前の御厚誼を深謝し謹んで御通知申し上げます。

オダギリジョー 香椎由宇

そもそも絞扼性イレウスとかどのようなことかについてですが、こちらも紹介していきます。

●いろいろ治らない病気が多い中で、絞扼性イレウスはきちんとした診断・治療がなされれば簡単な手術で治るが、それが遅れれば死亡する

●絞扼性イレウスとは腸閉塞の一種で、血管が圧迫などによりしめつけられ腸の一部が腐敗してしまう病気。

●さまざまな原因で腸管が閉塞し、食物や消化液、ガスなどが通過しなくなる症状。

●血管の血行不全によりその領域の腸などが壊死してしまう

●突然、激しい腹痛と吐き気・嘔吐が起こり、おなかが張り(膨満(ぼうまん)、膨隆(ぼうりゅう))、やせた人では腸がむくむくと動くのが、おなかの外から見えることもあります。

このようなことがおこってしまい、オダギリジョーは映画S最後の警官の制作会見をキャンセルし、香椎由宇もドラマ恋愛時代の出演予定を断っていました。このようなことあったら仕事どころではないでしょうね。そしてもう1人子供を難病で亡くした芸能人を紹介します。それは元モー娘。の飯田圭織です。とても悲惨な状況です。それを紹介します。

2008年、元モーニング娘。のタレント・飯田圭織が、出産したばかりの長男を、7月に慢性腎(じん)不全で亡くした(生後6ヶ月)

生まれた時から腎臓に疾患があり入院治療が続いたが、回復への思いが通じ、4月には無事退院。しかし約3か月後、息子の様子が急変。すぐに病院へ駆け込んだものの、そのまま息子は、短い人生に幕を閉じた。

この出来事に飯田圭織はただ泣くことしかできなかったといいっています。辛すぎますね。

飯田は「とてもつらく悲しく、ただ泣くことしかできなかった」と、ファクスでコメント

飯田はショックで相当落ち込んでいたというが、周囲の励ましもあり「明るく前向きで生きることが一番の供養」と徐々に自分を取り戻したという。

その後「2013年5月13日午前9時12分に2990グラムの元気な男の子を出産しました」と発表

この飯田圭織の子供の亡くなった慢性腎不全についてどのようなことかを紹介します。

慢性(数カ月〜数年かけて)に進行する腎臓の病気によって、徐々に腎機能の低下が進行する病態(状態)です。

自覚症状として尿の量が増える(とくに夜)、目のまわりや足のむくみ、疲れやすい、食欲がない、息切れがする、皮膚がかゆい、貧血、アンモニアの口臭がする、血圧が高いなどの症状が出てきます。場合によっては精神異常や骨軟化症、出血なども見られます。

腎臓のはたらきの落ちている程度が軽い間はほとんど症状が無く、初期には疲労感があり、腎臓のはたらきが正常の5分の1以下に落ちてくるといろいろな症状が出てきます

自分の子供が生まれてすぐにこのようなことになったら正直メンタルが完全にやられますね。仕事とかではないですね。というここまでが子供を難病で亡くした芸能人についてです。テレビではタレントとして多くの人々に影響を与える芸能人ですが、実は裏側では本人が難病や奇病と闘っていたりまたは子供が難病で亡くなっているということもあるということですね。ということで今回の芸能人の難病についての記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサードリンク
スポンサーリンク