みやぞんは障害者施設で働いていた?障害者というひどい言われ方はなぜ?

Pocket

今回は人気急上昇中のみやぞんについての気になる情報について調べていきます。昔障害者施設で働いていた?ということや障害者というひどい言われ方をなぜするのか?といったことについて調べてみました。それではさっそくいきましょう。


みやぞんは目が怖いというネット上の情報について。

本名:宮園大耕(みやぞの だいこう)

コンビ名:ANZEN漫才(あんぜんまんざい)

誕生日:1985年4月25日

出身地:東京都足立区

身長:172㎝

血液型はA型

スポンサードリンク

趣味:野球、格闘技(ボクシング)ギター

所属事務所:浅井企画

昔から幼馴染の仲良しのあらぽんとコンビを組んでいるのがANZEN漫才ですね。みやぞんとあらぽんのキャラクターが印象的なコンビですね。そんなみやぞんですが実はネット上では目が怖いというようなことが言われています。いつも笑顔なみやぞんですが、なぜそのようなことを言われるのか気になったので調べてみました。みやぞんの目が怖いという理由は顔が笑顔なのに目が笑っていないということからこのようなことが噂されたようですね。確かにそういわれればそのような気もしないでもないですが・・・。人気者で有名人だからそのように言われるという側面もあるのかななんて思ったりします。そしてここからみやぞんの障害について調べていきます。障害というかどちらかといううと天才的な一面なのではないか?とも解釈できますが・・・調べていきましょう。

みやぞんはピアノ障害なの?

みやぞんのピアノ障害と言われることについてまず調べてみます。そのことに関する情報があります。

みやぞんさんの絶対音感は、弾いた事のないピアノを感覚だけで弾けるため推測されています。また、ネタでも使うギターも弾けますが、これももともと独学です。コードを一度勉強しようとしたようですが、逆に弾けなくなってしまったようで天才とも称されています。

絶対音感という他の人がほとんどできない才能を持っている点と、逆に相対的に現代人の一般常識的な部分や他人と合わせられない天然の部分が発達障害と言われる由縁です。他人と合わせず自分の才能を伸ばす行為だけで発達障害と言われるなんて、なんと人間社会は勝手なものなのでしょう。

みやぞんはピアノ障害ではなく、音楽に関して実は天才的なものを持っていますね。この引用記事の通りですね。天才もしくは天才的もしくは天才肌と言う言葉があってるのかもしれませんが、基本的に社会ではこのような天才は認められないので障害者と言うような言葉でかたずけられるんだと僕は思います。みやぞんは音楽において天才的なものを持っているということですね。そして続いていきます。実は昔みやぞんは昔障害者施設で働いていたという情報があるのでそのことについて調べていきます。

みやぞんは昔障害者施設で8年間働いていたって本当?障害者施設出身とは?

今回記事を書いていて僕が感じたことですが、きっと多くの人がみやぞんは障害者だというような言葉だけが先行してしまってるような気がします。一つ上の段落のピアノ障害ということも障害と言われていますが、実際天才的で障害ではないと思われます。そしてこの段落で書いていきますが、障害者施設出身ときくとみやぞんがその施設でそだったというような印象を受けますが、実際は違います。

実際はみやぞんは昔8年間障害者施設で働いていたことがあるということです。ここではみやぞんが昔障害者施設で働いていたということについて書いていきます。

「私たちスタッフは“大くん”、入所者の方々は“宮園さん”と呼んでいました。『宮園さん、そんなに長い時間走れるのかな?』とちょっと心配している入所者さんもいます」と語るのは、池田輝子さん。彼女は『社会福祉法人リード・エー』が運営する『葦の会作業所』の施設長を務めている。お笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞん(33、本名・宮園大耕)は、この葦の会作業所で8年にわたって職員として働いていたのだ。

この引用記事はみやぞんが24時間テレビのマラソンについて以前に働いていた障害者施設の園長がコメントしたものですね。そしてここから少し感動的な話の展開が続きます。実はみやぞんは障害者支援をしているということについて調べてみました。

みやぞんは障害者支援をしているの?

スポンサードリンク

みやぞんは自分がかつて働いていたとういうこともあって障害者支援をしているようです。そのことについて紹介します。

葦の会作業所は、おもに知的障害のある人たちのための福祉サービス事業所。園芸・生花販売・木工などの作業を通じて、彼らが個性や能力を発揮できるように支援しているという。『24時間テレビ』を通じて集まった寄付は福祉などに使われているというが、みやぞんは昔から“福祉”に縁があったのだ。施設長・池田さんが続ける。

実は人気急上昇する前からみやぞんは障害者支援をしていたんですね。この施設で8年間働いていたみやぞんは周囲からの信用など得ていて、とても頼られている人物だったようですね。このことで分かりましたが、みやぞんには人望や人徳というものがあるんですね。この施設の人たちもみやぞんのことを今でも応援しているということですから。やはり人に支持される生き方って素晴らしいなって思いますね。そして続いてみやぞんが障害者ということについて調べていきます。

みやぞんが障害者というひどい言われ方はなぜ?障害名は発達障害ということなのか?

みやぞんが障害者なのかということについてから調べていきます。結論から先に言うと僕の考えでは障害者ではないと思います。天才と言うか少数派という表現が適してるのかなって思います。ということでそのことについて書いていきます。

みやぞんがひとつのことに特別な力を発揮するということについてですが、知的障害者や発達障害者と称される方が、一部の部分において、とてつもなく天才的な才能を発揮する事をいいます。

今回の記事の最初に書いたピアノを練習しないでできたことが他には理解されなくいてあいつはおかしいというようなことや不信感を抱かれるということでしょうね。なにせみやぞんは天才ですからね。厳密にいえば発達障害ではなく、アスペルガー症候群やADHDというようなことかもしれません。社会に適応できないという点においてはもしかしたら障害者といわれるのかもしれません・・・。そして発達障害について調べていきます。みやぞんが発達障害と言われる原因となったのは

アメトーク

に出演した時のことが大きく関係していますね。そのときのことについて紹介していきます。

みやぞんさんの発達障害疑惑は、2017年11月23日放送のアメトークで放送された幼少期のエピソードがもとになっています。みやぞんさんは、子供の頃特に人の話しを聞く事が少なく、運動会の時「エイエイオー」とみんなで言うという先生の指示を聞いていなかったようです。

それで、みんなが「エイエイオー」と言っていて、うるさく思ったみやぞんさんは、「エイエイオー」と言わず、耳を塞いでしまったとの事です。周りの事に合わせるのが苦手、ただ絶対音感等天才的な事もある、このギャップが大きいと発達障害と診断される事があります。

この引用記事にあるようにまさにみんなと周囲と合わせられないということですね。社会不適合者ということですかね。しかし社会不適合者だから発達障害ともいえないと僕は思いますけど・・・。このアメトークのことから発達障害と言う言葉だけが先行しているにすぎないと僕は思っています。みやぞんはある分野で天才的な才能を発揮するために周囲とは馴染めないということですね。そのことが発達障害といえるのかどうかが疑問ですが、僕個人的にはせいぜい言葉で表現するならマイノリティーと言うくらいだと思うので、発達障害ではないと判断しました。そして最後にみやぞんが過去に障害者施設にいた時の情報があるのでそのことについて触れていきます。

みやぞんの障害者施設での知られざる8年間が凄いという件について考察!

実はみやぞんは障害者施設で8年間働いていましたが、特に最初のうちは

メンタルは意外に弱いのか、よく高熱を出したり、腹痛を起こしたりで、仕事を休むこともありました。

はじめのうちはなかなか仕事場の環境に馴染めなかったのかもしれません。そんなみやぞんですが徐々に仕事場に馴染んでいき、できる仕事が増えていったそうですね。特にみやぞんは花を販売することが上手だったようです。年配のお年寄りから絶大な支持を得ていたようですね。初めのうちはうまくできなかった仕事がどんどん上手になっていき、周囲からも信頼されたみやぞんにとっては凄く頑張った8年間だったようですね。凄い努力家だったということですね。その頑張りを障害者施設の人は感じていて芸能界でみやぞんが活躍することを期待しているようですね。やはり仕事でも頑張るということの大切さをみやぞんは体で教えてくれるようですね。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク