マツコ・デラックスと木村拓哉は同じ高校の同級生だったとはマジ?画像アリ!

Pocket

今回は大人気タレントのマツコ・デラックスに関する気になるあれこれや噂について調べていきます。実は木村拓哉と同じ高校の同級生だったということやそのことに関連することについてまとめていきますので最後までご覧いただけると嬉しいです。


マツコ・デラックスと木村拓哉は仲良しということがラジオで判明した?

名前:マツコ・デラックス

生年月日:1972年10月26日(43歳)

出身地:千葉県

血液型:A型

職業:タレント・コラムニスト・エッセイスト・女装家

所属:ナチュラルエイト

スポンサードリンク

芸能界では唯一無二の存在であることで絶対的なポジショニングをとっているマツコ・デラックスですね。

その特徴の100kg越えの巨漢と毒舌、豊富な知識を活かして、バラエティー番組などで大人気です。特に深夜帯の番組で多く活躍していて、歯に衣着せぬ発言が支持されて絶大な人気を博しています。

芸能界には様々なタレントがいますがマツコ・デラックスのようなタレントは他にいなく、そのことが価値になっていますね。そんなマツコ・デラックスですが、今までの人生で苦労を重ねてきています。そんな過去について触れていきます。

●昔の自分は他人と恋愛観が異なっていて、女性でなく男性を恋愛対象に見てきたこと。そのことがとても悩みだったようです。

●高校卒業してから美容師として働きましたが、自分の中で何か違いを感じてゲ●雑誌「Babi」に転職してそこで働いていたこと。ここでなにかにつまずき仕事をやめてそこから引きこもりになってしまったこと。自分の中で同性愛者に対しての世間の偏見が受け入れられなかったようです。そんな引きこもりの生活が2年間続きましたが、自分の記事が中村うさぎの目に触れてそこから芸能界への足掛かりとなっていったようです。そこでのライティングスキル・トークスキルが現在のマツコ・デラックスの根本になっているようですね。過去に辛いことを経験しているマツコ・デラックスですが、そのような暗い過去があるからこそ今現在思いきり輝いているんですね。過去に辛いことや闇を抱えた人はその反面に光り輝いた時の眩しさは計り知れないものですからね。表裏一体ってことですね。実はそんなマツコ・デラックスですが木村拓哉と仲良しということをラジオでほのめかしています。実はマツコ・デラックスと木村拓哉は芸能界の仕事以外で頻繁に会うほどの仲良しみたいです。どれくらい仲良しなのかということですが、マツコ・デラックスは木村拓哉の家にいき、嫁の工藤静香の手料理を食べるという情報があります。相当な仲良しですね。実はその仲良しの理由として木村拓哉と同じ高校だったという噂があります。そのことについて調べていきます。

マツコ・デラックスと木村拓哉は同じ高校だったとは?その学校はどこ?

木村拓哉とマツコ・デラックスの高校は千葉県千葉市花見川区にある県立犢橋(こてはし)高等学校というところです。2人はこの高校で同じだったんですが、木村拓哉がSMAPとして活動していて芸能界の仕事が忙しくなって東京都内に転校したため、2人で一緒に過ごしたのは高校一年生の一年間だけだそうです。さらに気になる情報について触れていきます。

テレビで同級生であることを話すのは良くないって本当なのか?

噂では2人は同じ高校だとも言われていましたが、お互いにその話をしないことから暗黙のNGだと多くの人が思っていたようです。木村拓哉のイメージが崩れるのではないかといった声もありました。また

共演ng

なのではないか?という噂もあります。実はジャニーズ事務所から共演はngということがでていたのではないか?という情報があるので、そのことについて紹介します。

しかし事態が急展開してSMAP×SMAPの人気コーナービストロスマップにSMAPメンバーが交代でゲスト出演する「シャッフルビストロ」というコーナーでのキムタクがゲストの回にマツコさんとの同級生話が語られました。司会の香取慎吾からマツコとの同級生関係を聞かれたことがきっかけでした。マツコが活躍するようになってから実際にあった時に「聞いてるでしょ?同じ高校だったって」と話かけられたキムタクは「ごめん、どいつがお前になったのか分からない」と答えるとマツコさんは「ああ、そこはそのままでいいわ」と答えたようです。

この木村拓哉の感じだとマツコ・デラックスは昔に比べて相当変わってるんでしょうね。そんな2人ですが、実はテレビ以外でプライベートでの関係もあるみたいです。同じ高校の同級生だから普通のことでしょうけど・・・。そんな2人のエピソードがあります。

キムタクがSMAP×SMAPでマツコとの同級生話をしたことによって、世間で大きな話題になったことでマツコに迷惑がかけたのでは?と心配したキムタクがマツコにメールを送って謝罪したことをラジオ番組で語っています。「なんかエライことになっている」と思ったキムタクはマツコに「スマスマでの発言で迷惑かけてたら、ごめんな」とショートメールを送るとマツコから「全然問題ないよ~。そういうとこ好き」と返信が来たようで公での共演はないが、連絡先は知っていることが発覚しました。

木村拓哉はこのような細かい気配りができるところが凄いですね。そしてそれに対するマツコ・デラックスの返答も面白いですね(笑)このメールのやりとりからも仲の良さがうかがえますね。そしてここからは気になるマツコ・デラックスの高校時代について調べていきます。

マツコデラックスの高校時代についての調査!

高校時代はいまよりもどことなく痩せてる感じがしますね。マツコ・デラックスの高校時代のエピソードにあることでなんと

回転すしで34皿食べた記録があるとか・・・?!

高校生の時から大食いでしたね(笑)そして高校の話ということでここからはマツコ・デラックスが高校野球について独自の世界観を語っていたという話について触れていきます。

マツコ・デラックスが高校野球について発言したとは?

スポンサードリンク

マツコ・デラックスの独自の意見について紹介します。高校野球の熱中症に関して発言しています。

マツコは現在の高校野球は「問題がある」とコメント。そして、秋開催論があることについて、「ドームよ、ドームしかないって。夏休みじゃないとほら、テレビも見なくなるじゃない? 普通に秋口に昼間放送されていても誰も見れないから」とドーム球場での開催を提案した。続けて、「甲子園じゃなくなるわよね。それか、大阪ドームを甲子園って名前にして、甲子園にすればいい。甲子園って名前を続けたいなら大阪ドームを甲子園球場にすればいいのよ」と独自の見解を展開する。さらに、予選の開催時期については、「夜中とかにやればいいのよ。予選なんか誰も見てないんだから。ゲームだけすれば良いんだからさ」と提案。同じく月曜コメンテーターの株式評論家・若林史江から「何試合もやるとなると、夜だけでは無理なのか?」と問題提起されると、「別に荒川の河川敷でやればいいんだから。いくらでもどうにでもなるって、予選なんて」とコメントした。MCのふかわりょうからは「太陽光を浴びている高校球児というイメージがありますけども、それは大丈夫そうでしょうかね? そこらへんは」と質問が寄せられるが、マツコは「ごめんなさい好きにしてください」と突き放した。

この意見には賛否両論があるみたいですが、最近の暑さで熱中症になることを考えればこれは賢明な判断かもしれないですね。いくら青春の高校野球といても熱中症で倒れてしまったら元も子もないですからね。この尖ったマツコ・デラックスも一理あるかなと僕は思いました。そしてここからは高校とは内容が異なりますが、きっと気になってる人が多いであろうマツコ・デラックスの本名について調べてみます。

マツコ・デラックスの本名について?

マツコ・デラックスの本名は松井貴博(まつい たかひろ)と言う名前です。ちなみに芸名のマツコ・デラックスもこの本名をアレンジしています。

本名が松井貴博で、芸名(ゲイ名)をマツコ・デラックスとした理由としては、「しぐさが女の子っぽかったことから、名字の”松”に子を付けてマツコとなり、さらにゴージャス感をプラスしてデラックスを付けたことで、”マツコ・デラックス”となった」とされています。

やはり自分の本名に愛着があるんですね。それが普通ですね。そして今回の記事を書いていて気になったことが一つありました。それはマツコ・デラックスが自分の親と何やら確執があるといった情報があったので、気になりそのことを調べてみました。

マツコ・デラックスと親とはどのような関係なのか?

今でこそ芸能界でオネエタレントといったポジショニングを確立しているマツコ・デラックスが以前には親と色々なことがあったと言われています。まず自分の父親に対しての情報から紹介していきます。

マツコさんのお父さんは、細くて小柄でマツコさんと正反対。職業は建設会社のサラリーマンで、洗濯機や冷蔵庫が壊れても自分で修理して使うという、とても堅実な性格だったそうです。マツコさんは1972年生まれの45歳ですが、マツコさんの両親は昭和一桁台生まれ、年齢で言えば80代と結構年が離れています。だからといって過保護に育てられたわけではなく、マツコさんがゲイ雑誌の編集者を辞めて実家に帰ったときは、「働かないやつは水、飲むな!」と厳しく怒られたそう。お父さんには「出版関係の仕事」とは説明してあったものの、ゲイ雑誌の編集であったことは説明できなかったようで、息子がこれほどに悩んでいる心の内を理解するのは難しかったと思います。

やはり父親は自分の息子のことが心配でしょうからね。昔の人に自分が同性愛者であるといったらそのことを理解してもらうことはとても大変だと思いますね。そして仕事のことも本当のことをいえずに苦しんでいたんでしょうね。そんななかでやはり自分でお金を稼ぐ力を身に着ければそれが父親の安心になると考えたようですね。もっともな考えですね。自分でお金を生み出せる人は強いですからね!そして次は母親に対してですね。

マツコさんのお母さんは、体型も話し方もマツコさんにそっくりで瓜二つだそうです。そんな心が同性であるお母さんに対しても、自分のセクシュアリティーを明かすことはできませんでした。テレビに出るようになってからも避けるようにテレビに出演するマツコさん。けれども、マツコさんの人気が出だした2011年、お母さんから一通の手紙が届きます。その手紙には、腰の手術をすることの報告がつづられ、そして最後に「5時の生放送を楽しみにしています」で締められていました。それを見たマツコさんは思わず大笑い。あれほど思い悩んでいたことが解消され、そして自分は孤独でないことを確信し、大号泣したそうです。お母さんはマツコさんをずっと見守っていた。それが女装していたとしても変わらず。親に対しても葛藤を続けていたマツコさんでしたが、お父さんを安心でさせるほど稼げるようになり、お母さんとの関係もよくなったようで、とても感動的ですね。

マツコ・デラックスは母親に自分が同性愛者であることを隠していたかったようです。きっとそれをいったら受け入れてもらえないという不安があったんでしょう。しかしこの引用記事にあるように母親はそんなことも分かっていたということですね。母親にとっては自分の子供が同性愛者であっても元気で暮らしてくれることが何よりの幸せなんでしょうね。そんなことを手紙で感じたマツコ・デラックスは大泣きしたということで今まで自分がかかえていたものが一気に軽くなったような感じだったんでしょうね。このことに限りませんが、自分が思い切り悩んでいることが実はそうでもなかったり、自分が軽いなってことが他人には凄い悩みだったりということがありますからね。そんなことがあっても今現在はマツコ・デラックスはテレビで見ない日がないくらいな人気ですから、親も安心してるんじゃないかなって感じですね。今回の記事を書いていて思いましたが、このマツコ・デラックスが家に引きこもっていたということから今のように大活躍するようになったことをみてやはり人間は諦めないでやり続けたらどこかでいいことがあるんだなって感じました。そんなことを感じさせてくれたマツコ・デラックスに個人的に感謝しています。これからもマツコ・デラックスがテレビで活躍していけることを期待してこの記事の最後とします。最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサードリンク