デヴィ夫人の若い頃はきれいなコールガールだった?入れ歯ってホント?

Pocket

今回は今でも若い頃の綺麗さが残っている素敵な女性・デヴィ夫人についての気になるあれこれや噂について特集していきます。若い頃は綺麗なコールガールだったの?入れ歯を若い頃からしていたというような情報についてまとめていきます。それではさっそくいきます。


デヴィ夫人のプロフィール

名前:デヴィ・スカルノ(Dewi Sukarno)

本名:インドネシア名:ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ(Ratna Sari Dewi Sukarno)

旧名:日本名:根本 七保子(ねもと なおこ)

通称:デヴィ夫人

生年月日:1940年(昭和15年)2月6日

今では有名なデヴィ夫人ですが、もともとは有名ではなくとても苦労されて生きているようです。そんなでデヴィ夫人の生い立ちについて書いていきます。

スポンサードリンク

現在では女性タレントとして活躍しているデヴィ夫人ですが、その正体ははインドネシアのスカルノ元大統領第3夫人です。その他にもNPO法人アースエイドソサエティ総裁や株式会社デヴィーナ・ソサエティ代表取締役などをこなしています。そんなデヴィ夫人も元々裕福というわけではなく、デヴィ夫人の生まれた家庭は多額の借金をしていました。

今でこそテレビ等でキャラクターを確立しているデヴィ夫人ですが、もともとは苦しい生活をされていたんですね。そんなデヴィ夫人の不死鳥マインドを僕は結構尊敬しています。なかなか自分の力で這い上がることって難しいしし、できないけれどそれをやっているんですから。そんなデヴィ夫人の学生時代についてです。

中学卒業後は、東京都立三田高等学校定時制部に進学すると同時に、150倍の難関を突破して千代田生命保険に入社するものの、昼休みや休日にも貧しい家計を維持するため、喫茶店などでのアルバイトを掛け持ちし続ける日々を送っていたそうです。

そして1956年に父が亡くなり、高校を中退してしまいます。それを機に赤坂の有名高級クラブ「コパカバーナ」で働きはじめることになるのです。

頭がいいんですね。っていうか努力がすごいんですね。ここの引用記事に高級ガールだったということが書かれていますが、後で詳しく書いていきます。そしてここから

19歳のときに、インドネシアへの開発援助に伴い「東日貿易の秘書」という名目で、スカルノ大統領のもとに送り込まれスカルノ大統領と出会うことになります。インドネシアに渡って数年は愛人の1人であったものの、1962年(昭和37年)にスカルノ大統領と正式に結婚、4人の夫人のうちの第3夫人となりました。

しかしこれも幸せが続くわけではなく、3年後の1965年9月30日に起きた軍事クーデターによりスカルノ大統領が失脚してしまいました。

その後は元大統領夫人としての外交的立場を失っていたそうで、1992年にはアメリカ合衆国のスキー・リゾート地、コロラド州アスペンで、セルヒオ・オスメニャ第4代フィリピン大統領の孫娘のミニー・オスメニャさんの顔をシャンパングラスで殴打し、37針縫う大けがを負わせて傷害罪で逮捕されるなど不遇の時期が続きます。

しかし日本に戻りタレントとして活躍しはじめると一躍人気となり、現在では日本ではバラエティなどにも欠かせない存在となりました。

デヴィ夫人の人生は大きく上下していますね。良い例か分かりませんが、ジェットコースターのような人生ですね。そしてここで思うことがありますが、デヴィ夫人は人生で大きく光を見ているときもあれば闇を見ているときもあります。僕が好きな言葉で人生は闇が深ければ深いほど光が明るいということがあります。つまり人生において光しかない人ほとんど闇を見ない人よりも何かに失敗したりして闇をみてから光り輝く人ってすごいエネルギーを放つということですね。デヴィ夫人ってまさにこのような感じだと僕は思います。若いときの苦労や闇が深いからこそいまとても光っているそんな感じを受けます。それではデヴィ夫人が苦労されていた若い頃について調べて書いていきます。

デヴィ夫人の若い頃はきれいなコールガールだった?

上のプロフィールにありますが、デヴィ夫人は父親が亡くなってしまったので高校を中退して赤坂の有名高級クラブ「コパカバーナ」で働き始めたということで昔はコールガールをやっていたんですね。若い頃のデヴィ夫人の画像をみると分かりますが、この綺麗さは多くの男性に支持(指名)されたいたことが容易に想像がつきますね。今現在は女性の化粧の技術とか発達してますが、当時はそのようなものはなかったでしょうが、それでこの綺麗さは本当にすごいですね。時代を超える美しさを放っていますね。次はデヴィ夫人は若い頃から入れ歯なのかということについて書いていきます。実はこのコールガールと関係しているような・・・。

デヴィ夫人は若い頃から入れ歯ってホント?その理由が衝撃的!

デヴィ夫人は若い頃から入れ歯という情報がありまして、気になって調べました。その理由が凄いです!!!

スポンサードリンク

デヴィ夫人は16歳の時から総入れ歯にしているそうです。ではなぜそんなことになったかというと、それは夜の営みに関係があうようです。高級クラブ「コパカバーナ」でも男性から指名が多かったようでそこからの夜の営みの際に男性のことを考慮して総入れ歯にしたみたいです。

すごい覚悟ですね。もちろん本当かどうかわかりませんが、腹を決めていたのかも・・・。時折テレビでデヴィ夫人は若い女に厳しめなことを言う感じしますが、理由がなんとなくわかりますね。自分は腹を決めていろんなことをしてきたのに、全然腹も決まらないで口ばかりの人間をみていてきっとイライラするんでしょうね。そして若い頃のデヴィ夫人の写真をみて感じますが、どことなく外国人の血が入っているようなそんな綺麗さから実はハーフなのかな?と感じましたので、そのことについて調べてみました。

デヴィ夫人はハーフなの?

そのルックスからハーフと思われがちなデヴィ夫人ですが、実は純粋な日本人です。

父親の名前が兵七郎といい、母親の名前が政子といいます。

完全な日本人です。最近ではハーフとかクオーターとか言われる芸能人も多いですし、そのことに興味を持ってる人も多いですがデヴィ夫人は日本人です。そしてここからそんな外国人とも間違われるデヴィ夫人の写真について紹介していきます。本当に綺麗です。この綺麗さはヤバいっすというレベルで、みれば見るほどに目の保養になるのでゆっくり見てください♪

デヴィ夫人のきれいな若い頃の画像について。

デヴィ夫人の若い頃の画像①

デヴィ夫人の若い頃の画像②

デヴィ夫人の若い頃の画像③

このきれいさは本当にヤバい。綺麗すぎますね。ネット上でデヴィ夫人と結婚したいというような声がありましたが、こんな綺麗な人が嫁ならそれだけで人生の何十パーセントが幸せな気がしますね。今現在もどことなく、この綺麗さの面影を残しているような感じがしますね。そして今回デヴィ夫人に娘と孫がいるということで、きっと美女とイケメンだろうなって思ったので、調べてみました。

デヴィ夫人の娘と孫について

そもそもデヴィ夫人には娘がいます。その一人娘の名前がカリナ・サリ・デヴィ・スカルノといいます。この娘は現在ではお金持ちの男性と結婚していて金銭的に裕福な暮らしをしているようです。ただし、この娘とも昔は関係が悪化していたというような情報もあるので紹介します。

デヴィ夫人の教育方針は上流階級でも通用するようにするという教育方針で、その為にはやはりお金も必要でした。

そこで、一人娘カリナさんが11歳のときに、デヴィ夫人のみインドネシアに戻り、スカルノ元大統領の遺産をわけてもらおうとしたのです。

しかし、そう簡単に遺産を分けてもらえるはずがありません。

そこで、デヴィ夫人はインドネシアで財産をもらえるまでの間移り住むことを決めます。

しかし、インドネシアの情勢は不安定であり、インドネシアで娘を育てることを不安に思い、娘をパリに残してきました。

デヴィ夫人からすれば子供を思っての行動だったのですが、娘のカリナさんはその時に捨てられたと思ってしまったそうです。

11歳の子供なので、そんな風に感じてしまうのも無理はないでしょう。

そこから一時期は不仲になってしまったと言われていますが、現在では良好な関係を築いている様ですね。

親は自分が良かれと思うことを子供にしているんですが、それが子供にはなかなか通じていないということってよくありますね。親子と言えど価値観は違うし、まして子供のころに親の考えなどどうそうわかることは難しいなって感じですね。でも今現在は関係が良好のようで何よりですね。そして次は気になる孫についてです。孫の名前は「キラン」君といいます。この「キラン」君実はテレビにでたことがあり、そこから一気に有名人になっていきました。

デヴィ夫人の孫ということもあり、2014年には「金スマ」、2016年には、「世界の果てまでイッテQ!」に登場し、そこから一気に話題となりました。

ちなみにキランという名前、一見キラキラネームの様にも思いますが、しっかりと意味のある名前で、サンスクリット語で「光の輝き」という意味があります。

誕生日は8月24日、なんとまだ若いのにも関わらず英語、フランス語、オランダ語、インドネシア語の4か国語を話せるみたいです。

ルックス的にイケメンでマルチスピーカーでってもうこの時点でかなり成功のポジショニングだと思いますが・・・。やはりデヴィ夫人が自分が今までいろんなことに苦労してきたからこそ孫にはきちんとして教育を受けさせたいということなんでしょうね。これから大きくなったら芸能界入りするのか今のうちから楽しみですね。これからもデヴィ夫人が健康でテレビで活躍できることを期待して今回の記事の最後とします。最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサードリンク