ともさかりえの息子の中学校はどこ?発達障害という噂はホント?

Pocket

今回は女優・ともさかりえについて気になることがあったので、調べてみました。ともさかりえの息子について通ってる学校とか発達障害とかいった単語も出ているのでそこらへんについて調べて書いていきます。ではさっそくいきましょう。


ともさかりえはどんな人なの?若い頃の可愛い画像アリ!

本名:友坂 理恵

生年月日:1979年10月12日

出生地:長野県長野市 (出身は東京都三鷹市)

身長:168 cm

血液型:A型

職業:女優、歌手、声優、ナレーター

スポンサードリンク

本名をひらがなで読んだのが芸名なんですね。ともさかりえといえばやはり印象的なのが美脚ですね。こんな細い足なら折れてしまうのでは?と思うくらい細いですね。スタイル抜群ですが、本人的にはこの足の細さが悩み(嫌い)みたいです。実はともさかりえは12歳からテレビにでていたんですね。可愛らしい女の子ですね。

1992年、12歳の時にトヨタ自動車のCMで芸能界デビュー。

本格的なテレビドラマのデビューは、同年6月に放送された”コラ!なんばしよっと”で注目される。

1995年、日本テレビ系ドラマ『金田一少年の事件簿』のヒロイン・七瀬美雪役で一躍脚光を浴び、名前が全国区となる。

ともさかりえといえばやはり『金田一少年の事件簿』の印象が強い人も多いのではないのかなって思います。そんなともさかりえですが、実は結婚して子供がいます。実は結婚に関しては離婚経験もあるという情報があるので、そのことについて少し触れていきます。

ともさかりえの結婚した旦那さんについて調査!

(写真が二枚並びますが、上が1人目の旦那さんで下が2人目の旦那さんです)

実はともさかりえは2回結婚して2回離婚しています。ということでまずは1人目の旦那さんから調べていきます。

2003年に河原雅彦と一度目の結婚をします。2003年4月に、23才の時に舞台演出家で俳優の河原雅彦と結婚。2004年10月に、25才で第1子(長男)を自宅出産。2008年大晦日に河原雅彦と“大好きでいるため”に離婚したことをブログで発表。

この引用記事の中にある長男を自宅出産という部分が今回のともさかりえの息子の発達障害といわれる疑いをもたれている部分です。離婚理由が大好きでいるためって大人の発言ですね。人間関係の難しいところであまり近すぎるとみたくないものや知りたくないものまでしってしまって相手を嫌いになってしまうというようなことだったのでしょうか?真相はわかりませんが、人間関係とくに男女間にはいろいろなことがありますね。

そして今度は別の相手と結婚(再婚)しています。

2011年には、スネオヘアーと2度目の結婚をしました。2011年6月27日、映画「アブラクサスの祭」での共演をきっかけに交際を続けていたシンガーソングライター・スネオヘアーと再婚。2017年3月28日、2016年末に離婚をしていたことが明らかになった。ともさかは2度目の離婚となる。

再婚したもののまた離婚されているみたいです。ともさかりえは女優として売れっ子なのであまり家族との時間がとれないことやそこから生じるすれちがいというようなことが原因で結婚生活が続かないのかな?なんて僕は思います。ともさかりえみたいな奥さん(嫁)がいたら、それだけで毎日が楽しいんじゃないかなって思うのは僕だけかな?ということはさておきここからともさかりえの子供について調べていきます。

ともさかりえの息子の名前とは?年齢は何歳?顔画像あるの?

ともさかりえには子供(息子)が1人います。

ともさかりえの息子の名前は楓(ふう)くんと言います。2004年10月生まれで現在14歳ですね。

この引用記事から名前が渡辺楓(ふう)ということですね。年齢が14歳ということです。ネット上で

子供が天パ

といった情報もあるようですが、違いますね。ストレートヘアーですね。そしてもう一つややこしいことがあります。ネット上で検索するとこの画像が出てきます。↓

スポンサードリンク

この子供は何者かといいますと

ともさかさんの息子さんとは同姓同名の別人です。子役の渡辺楓くんの名前は、字のまま「かえで」と読みます。

ともさかりえの息子の年齢は14歳でこの子役のかえではまだ10歳未満なので違うということです。ちょっとややこしいので触れておきました。そしてここからは多くの人の関心が高い芸能人の子供の学校について調べていきます。

ともさかりえの息子の小学校と中学校について調査!

ともさかりえの息子の学校について気になるので調べてみました。実はともさかりえはよく

ブログ

に子供のことを書いているので注目している人が多いということです。気になる学校に関してはこのような情報があります。

息子が小学校6年のときに学校の授業で堺市から鍛治屋をよんで包丁を作った

こんな経験をさせる小学校っていったいどこ?と思いますが、どうやらともさかりえの息子の通う小学校は和光小学校のみたいです。こんなかんじで他の学校と差別化をはかっているのっていいですね。生徒ひとりひとりの個性を重視しているということが肌で感じられますね。よく芸能人の子供は和光学園にいくという理由はこのようなところにあるのかもしれないですね。今現在は特に差別化もしくは異質さ・異物感というようなことに価値が置かれている時代ですから、このような教育は素晴らしいなって思います。そして続いて中学校についてです。

中学に関して決定的な文章がともさかりえのブログ記事内にあります。

中学の委員会に初参加。小学校からのメンバーが奇跡的にそろって安堵。楽しい1年になりますように。

このともさかりえのブログから判断してそのまま和光中学にエスカレーター式に上がったと考えられますね。和光学園はエスカレータ式に上まであがれるので、幼稚園から入学してしまえば、幼稚園→小学校→中学校→高校→大学と進んでいけます。やはり親は子供にはなるべくよりよい環境にいてもらいたいと願うので、そのためにいろいろと考えているんですね。ともさかりえは自身のブログにもありますが、息子を可愛がる姿がとても好印象ですね。子煩悩な部分も含めてともさかりえの魅力ですね♪

ともさかりえの息子が発達障害という噂はホント?!

ともさかりえの息子が発達障害と言われている原因は記事冒頭に書かれている自宅出産が原因と言われています。この自宅出産が原因で発達障害もしくは自閉症の可能性があるのではと懸念されています。また以下のようなことも考えらるみたいです。

発達障害の状態によっては成長するにつれて発覚することも多く、大人になってから初めて自分が発達障害であることを知る人もいます。具体的にはともさかりえの息子に障害があるといわれているのトミカを部屋の端から端まで並べたこと・泣き出すととまらないことが原因とされているみたいです。

このように書かれていますが、実際にはきちんと和光学園で授業を受けているのでそのようなことはないと僕は思います。ただしひとつ気になることがあります。ともさかりえの息子が小さいときに両親が離婚しているということです。この離婚が原因で息子の幼少期に本来育つべき自我・自尊心・自己肯定感といったものがきちんと育っていないことが考えられます。そこから生じるアダルトチルドレンの可能性については少しはあるのかなって思います。でもそれはもっと先になってみないと分からないし、このアダルトチルドレンは今はまだ大きな問題になっていませんが大きな社会問題だとも思います。子供の小さいときにある程度のことは決まるという部分も否めませんが、ともさかりえが十分に愛情をそそいでいるので芯がしっかりした息子に育つかなって可能性のほうが大きいかもしれません。今の時代は多くの人が心に様々なものや時には闇を抱えて生きています。だがしかし、心に闇を抱えている人ほどその闇の反対に光り輝く可能性を大きく秘めているといるとも言われています。ちなみに僕はこの考えを信じています。闇と光は表裏一体ですが形を変えてみれば実は同じだったりしますから、ともさかりえの息子がこれから成長して光り輝ける人になれればいいなって思います。またともさかりえもこれからドラマ・女優といように様々な場面で活躍していけることを期待してこの記事の最後とさせていただきます。最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサードリンク