芸能人で虐め(いじめ)にあって不登校になった過去がある人について。

Pocket

今回は芸能人でいじめにあって不登校になった過去がある人とかつていじめられたことがあることを告白した人について書いていきます。読んでいるととても心に刺さる内容です。


芸能人で虐め(いじめ)にあって不登校になった過去がある人とは?

この段落では芸能人でいじめにあって不登校になった過去のある人について取り上げていきます。

まず1人目が

中川翔子

です。このような情報があります。

中学時代、オタクという理由でいじめを受けていた。学校に行くのが辛くなり、ひきこもりになり卒業式も欠席した。

中川翔子さんだが、中学生のときは絵を描いているだけで「きもい」と言われたなど、いじめられた経験があることを以前から明かしていた。

友達がいないため休み時間に1人でいることを悟られないよう、ロッカーで教科書を入れ替えて忙しいふりをしていたり

スポンサードリンク

いじめにあってから不登校、引きこもりになった。

子供のいじめは本当に残酷だと思います。異質なものを排除するという考えが根本にありますから、オタクというマイノリティーということで排除されたということですね。そしてこの引用記事の真ん中部分のロッカーで教科書を入れ替えていたという部分が本当に辛かった過去を語っています。こんな過去があれば学校になんて行きたくないという気持ちになりますね。とてもよくわかります。そして続いていきます。

続いては

千原ジュニア

です。このような情報があります。

千原ジュニアさんは、中学のとき不登校だった

学校の空気になじめず、登校拒否、引きこもりとなる。高校にはなんとか進学したが、相変わらず引きこもりを続けていた。

彼のおばあさんは、学校に行かないなら、一緒に旅行に行こう!と千原ジュニアさんを金沢の兼六園に連れて行ったそうです。

不登校のことを責めることをせず、それだっていいじゃないか!というおばあさんの気持ちに千原ジュニアさんは救われたと言っていました。

とてもいいおばあさんですね。多くの大人はなぜ学校に行かないのかというようなことを問い詰めて子供がさらに追い込まれる感じですが、このおばあさんは気持ちを分かってくれたんですね。そんな自分のことを分かってくれる人がいるとなんか救われた気持ちになることがよくわかります。基本的に子供も大人も関係なく自分のことを分かってもらいたいという自己承認欲求がありますから。

そして続いては

小栗旬

です。このような情報があります。

中学時代、机の中にゴミを入れられたり、自分の私物だけでなく机やイスまでがクラスメートに捨てられていたことがあったそうです。そのため登校拒否となり、卒業式にも出られなかった

高校に入学して、「ごくせん」の撮影に入り、学校でのともだちはつくれず、やっぱり孤立ぎみに

この引用記事内容も酷いですね。典型的ないじめのパターンですね。こんなことされたら学校にいくのが辛くて仕方ないだろうなって感じますね。小栗旬はこのような感じをテレビを見ている限りは感じませんが、ものすごく辛い過去を背負っているということですね。

そして続いては

指原莉乃

です。このような情報があります。

HKT48の指原莉乃(22)が14日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演し、中学時代にイジメから不登校になっていた過去を明かした。

指原は「中3の時、あんまり学校が楽しくなくて、馴染めなくて、ちょっとしたイジメも受けて学校に行きたくなかった」と過去の不登校を告白。

中学時代にいじめを受け、「学校に来ないでください」と手紙を受け取ったことを告白した。

「そのまま、(手紙に書かれた)まんまと学校行かなくなった」と不登校になった指原は、「逃げるように」上京し、AKB48のオーディションを受け、合格して現在に至っていると振り返った。

スポンサードリンク

テレビで見ている限りでは指原莉乃は明るい感じを受けますが実はこのような過去があったんですね。この引用記事にある学校に来ないでくださいという手紙というのも酷いですね。誰にもそんなことをいう権利などないはずです。そんな辛い過去があって指原莉乃はAKB48の入ったんですね。僕がよく聞くことですが、今現在光り輝いている人はその裏には闇があるといわれています。つまり過去に辛い過去があったからこそその反動で今現在はあかるくなれるということですね。そんな辛い過去を背負っているからこそ今現在その反動で思いっきり輝けるということですね。このまま芸能界で頑張っていってもらいたいと僕は願っています。そして今度は過去にいじめをうけていたことを告白した芸能人について取り上げていきます。

過去に(子供の頃に)壮絶にいじめられたことを告白した芸能人とは?

この段落では子供の頃にいじめにあっていたということを告白した芸能人について取り上げていきます。

まず1人目は

嵐・二宮和也

です。このような情報があります。

俺も昔、いじめられてたことがあった。
途中から標的がほかの人に移ってったけど、何も解決してない。
謝ってもらってないから、俺の中では、今でも終わってないんだ……。
本当にいじめがある世界なんて、よくないよ!
学校でも社会でも普通にある、ってことが、すでにおかしいんだよね。

この嵐の二宮和也のいうとおりですね。いじめのある社会自体がよくないですね。そして僕が個人的に思うことは実は子供のいじめのほうが陰湿だったりしますね。僕らは大人ですから嫌なことがあれば仕事を変えることもできますが、子供の頃はそのような選択肢がないのでいじめられるとどうしよもないというか他にとって代われる手段や方法がないということですからとても辛いですね。

そして続いては

安倍なつみ

です。このような情報があります。

北海道の中学時代、「死ね」などと言葉や暴力によるいじめを受けた。
「死という文字が浮かんだ。生きるのがつらかった」と振り返った。音楽が心を癒やしたという

歌手を志したきっかけは「中学生の頃いじめにあい、落ち込んでいたときに、ラジオでJUDY AND MARYの曲『小さな頃から』を聞いたこと」。

この引用記事にあることも酷いですね。言葉の暴力ですね。そんな辛かったときに音楽に助けられたことによって歌手を目指そうと思ったということですね。自分が感じたつらい体験は他の人も感じていることがあるでしょうからその人の気持ちに共感出来ればそれほどいいことはないと僕は思います。この安倍なつみも過去の辛かった闇が今現在の光になってるのかなって思います。そして最後に少し管理人の僕の本音を書きますので、よかったら読んでください。

管理人の本音:幼少期の自我・自尊心・自己肯定感の大切さについて。

この段落では僕の思うことを少し書いていこうと思います。人間は幼少期に親から自分という人間を肯定されることによって自我が育まれるといわれています。この自我や自尊心や自己肯定感(この3つを同じとしてとらえます)が普通はあるんでしょうが、親からの適切な愛情がなかったり今回の記事内容のようにいじめにあったりすると自我が育たない大人になってし舞うといわれています。そしてそのような大人は常に人の顔色を伺って行動したりします。僕は医者ではないので詳しくは分かりませんが、きっとこれが最近言われているAC(アダルトチルドレン)と深く関係しているのかなって思います。そしてそんな大人になると実はものすごく生き辛かったりもします。でも過去を嘆いていても何も変わらないし、今は大人になったのだから自分の人生は自分で築いていくしかないと思います。今回の記事に取り上げた芸能人6人は自分が過去にされてきた辛いことや闇がありますが、その反動で大きく光り輝けることもできると思います。このような人たちが頑張って活躍してくれることってなにより他の人に元気や共感ということを示せるのでこれからも頑張ってもらいたいなって僕は心の底から願っています。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサードリンク
スポンサーリンク