中居正広の高校は平塚学園ってホント?高校時代はヤンキーだったってマジ?

Pocket

今回は中居正広の高校に関する情報についてまとめていきます。実は気になる情報がたくさんありますので、ひとつひとつ紐解いていきたいと思います。最後までご覧いただけると嬉しいです。


中居正広はどんな人かについて。SMAPの解散理由とは?

名前:中居正広

生年月日:1972年8月18日

出身:神奈川県藤沢市

身長:165cm

血液型:A型

中居正広を知らない人はいないのではないかという位有名な人物ですね。あらゆる分野の仕事もこなす一種の天才ではないかと思います。特にバラエティーでは独特の空気感で観る人を魅了していますね。そんな中居正広はもともとはアイドルスマップのメンバーでしたが、実はスマップはすでに解散していますね。長い間スマップのリーダーをしていた中居正広はショックだったことだと思います。そんなスマップの解散について少しだけ触れます。このような情報があります。

スポンサードリンク

SMAPが解散してしまった理由は、SMAPがデビュー当初からお世話になっていた女性がジャニーズ事務所を解雇されたからだそうです。SMAPがお世話になっていた女性がジャニーズ事務所から解雇されてしまい、SMAPのメンバーはその女性が設立する事務所に移籍するかどうか迷っていたそうで、そんな中で意見がメンバーの中で対立してしまって結果的には解散してしまったそうです。

スマップの解散については様々なことが言われていて真相が分かりませんが、この引用記事にあるように自分たちのことを世話してくれた人と離れるということって辛いでしょうね。今の自分があるのはその人のおかげなのではないかというようなことも考えられえますから。ということで話を戻していきます。今回は中居正広の高校について調べていきますが、その前に気になるのがやはり小学校と中学校についてですね。ということでそこからまずは調べていきます。

中居正広の小学校や中学校の情報について。

中居正広は神奈川県藤沢市の出身ということで小学校はこの地元の学校のようですね。

1979年4月に藤沢市立鵠沼(くげぬま)小学校へ入学して1983年4月に藤沢市立明治小学校に転入学し1985年3月に卒業しています。

小学校の時に転校しているんですね。この情報については以前中居正広が『ナカイの窓』でこのように言っていた本人コメントなので間違いなさそうですね。そして今回の隠れテーマの1つですが、実は中居正広は野球少年だったということです。小学生の時は野球に明け暮れていた野球少年だったようです。実はこの野球に関することがあとで大きな話題となりますので、覚えておいてもらえると嬉しいです。続いては中学校についてです。

中居正広さんは1985年4月に藤沢市立明治中学校へ入学し、1988年3月に卒業しています。

中学校も地元に進んだということですね。そして実は中居正広は中学では野球をしていないんですね。そのことについての理由があるので紹介していきます。そしてそんなことになってしまったことを助けてくれた人がいます。ということをあわせて書いていきます。

中居正広を救った兄の優しさが感動的?!

中居正広には兄が2人います。その兄の名前について紹介します。

●長男:イワオ

●次男:マサユキ

実はこの長男のイワオが凄いことをしていたりします。そのことについて紹介していきます。

中居正広は小学校六年生の頃に、野球肘になってしまい、手術をしなければ治らないと宣告されます。プロになりたいと意気込んでいたほど、熱意を傾けていた野球が出来なくなってしまった中居正広さんは失意のどん底に陥ります。

中学校の時に野球をしていなかったのは怪我で野球ができなかったということですね。中居正広は自分が野球の道に進もうと考えていたのにそれができなくなった時のつらさといったら表現できないでしょうね。しかしそんなときに長男が手を差し伸べてくれたということです。長男は自分のいたヤンキーグループに中居正広を誘ったということです。そのことから中居正広は中学校からヤンキーになったということですね。なんかヤンキーとか不良とかっていうと聞こえ悪いですが、そうなるには事情があると僕は前から思っています。特にこの中居正広のように自分がやろうと思っていたものができなくなる辛さって無気力状態となるでしょうから、そこに元気や勇気をくれた兄の優しさについて僕はすごいなって思いますし、いい兄弟だなって思いました。ヤンキー=悪いというのはあまりにも表面的な解釈なのかなって感じがします。ちなみに僕はネクラでヤンキーとは反対の道の学生でしたけどね。そしてここから中居正広の高校について調べていきます。

スポンサードリンク

実は中居正広は高校を転校している?

今回の記事を書いていて感じたことですが、多くの人の関心があることの根本には中居正広は高校を転校しているということです。そんなことを踏まえてまずは一つ目の高校についてとか実は二つ目の高校では木村拓哉との友人関係があるということを紐解いていきます。このことを踏まえないとなにかごちゃごちゃになってしまいますから。ということでいきます。

最初に通っていた高校は平塚学園?よく偏差値が話題になるが何故?

中居正広は高校二年生まで平塚学園に通っていました。実は当時の偏差値があまり高くなかったことから中居正広も「パー学」と呼んでいます。しかし現在では平塚学園には進学コースもできてそのようなことはないようです。

“当時は“パー学”って言われてたのね。パッパラパーが行く学校だから“パー学”って。(何度も中居正広さんがパー学と言ったために)パー学から手紙が来て「パー学って言うのは止めてください。あなたが通っていた時代のパー学とは違いますので」”

中居正広が「パー学」と呼んでいることになんと学校から抗議があったようですね。中居正広のような有名人もしくはインフルエンサーが「パー学」といったらそれを信じる人も多いでしょうからね。現在の平塚学園は大学進学率もいいみたいですから。ちなみに中居正広は

「今すっげえ有名な進学校なのよ!」とフォローしている

ですがそのことにはどうやら焦点がいかなかったようですね。そしてここから中居正広は高校を転校するんですが、その転校先で実は木村拓哉と出会ったというエピソードもあります。ということでそのことについて調べていきます。

実は中居正広と木村拓哉は高校時代からとても仲良し?!

中居正広は平塚学園から東京都立代々木高等学校に転校しています。そしてここで木村拓哉と出会うんですね。実は中居正広と木村拓哉は編入試験を一緒に受けて席が近かったことからこんなエピソードもあります。

編入試験は一緒に受け、机が前後だったので、木村さんの答案用紙を中居さんがカンニング。 合否確認を二人一緒に行き、中居さんの番号しかなく木村さんが驚愕! しかし、それは普通科の一般入試の学生用で、編入者用の所に無事二人共に番号があり、合格。

中居正広はカンニングをしていたんですね!でも2人で合否を見に行ったりとすでにここから仲良しだったようです。そして卒業までずっと仲良しだったようですね。

午後3時位で学校が終わり、一緒の車で仕事現場に向かう。 仕事のない時も、たまに放課後(映画やカラオケ等)学校のグループ(複数でという意味)で遊ぶ。 学校にいる時は、ヤンキー派(中居さん)チーマー派(木村さん)派閥違うから、あまり喋らないが、文化祭は(女の子に騒がれた為)二人でバックレた。

仲良しですね。こんなにかっこいいしかもちょいわるだったらすごく女子からモテたんだろうなって感じですね。ちなみに木村拓哉と中居正広と女の子2人でディズニーランドにダブルデートもしたことがあるようです。本当の仲良しでいいですね。そんな中居正広の

高校時代の写真

について紹介します。

中学生の時からヤンキーということで写真からして怖そうですね。でも学生時代はヤンキーの男子ってモテるんですよね。ちなみに中居正広の高校時代についてですが、よくケンカをしていたという情報もあります。ケンカしてアイドルのレッスンをきちんとうけて充実した高校生活を送っていたようですね。ちなみに中居正広は不良だったようですが、遅刻をしない真面目な性格だったとも言われていて実はいい人なんですね。そしてそんな中居正広に関する気になる情報をひとつ紹介します。

中居正広の高校野球に関するエピソードとは?

実は怪我で野球を断念した中居正広ですが、野球に対しての想いは今でも熱いものがあるようです。このような情報があります。

今夏の第100回全国高校野球選手権記念大会で4強入りを果たした西東京代表の日大三。その躍進を支えた同校吹奏楽部のオリジナル応援曲が、元SMAPの中居正広さん(46)のラジオ番組で紹介された。

甲子園で高校野球を観戦した中居さんがニッポン放送の番組「ON&ON AIR」の中で同校の応援を紹介し、絶賛した。

(※同校:日大三高)

中居正広のような影響力のある人間が番組で取り上げることの影響力の大きさと言えば計り知れませんね。自分の学校の名前を中居正広が口にするということでなにより日大三高の生徒にとっては嬉しい限りだったのではないかと思います。中居正広は自分が昔全力で野球に取り組んでいたことがあり、本気で野球に向き合う人の気持ちがわかるんでしょうね。国民的アイドルと言われていますが、このように他人の気持ちに寄り添える当たりも中居正広が人気者である所以なのかなって僕は思いました。自分が打ち込んでいたものを他人に伝えることほど心がこもることはないなって感じですね。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサードリンク
スポンサーリンク