宮迫博之の息子の高校はどこ?感動的な弁当の話とは?画像アリ!

Pocket

今回は宮迫博之の息子について気になることを調べていきます。またそれに関連する情報についても触れていきますので、最後までご覧いただけると嬉しいです。


宮迫博之はどんな人かについて!

名前:宮迫博之(みやさこ ひろゆき)

生年月日:1970年3月31日

生い立ち:大阪府茨木市生まれ 大阪市西淀川区出身

学歴:私立金光第一高等学校卒業

※活動内容:1989年 蛍原徹とお笑いコンビ「雨上がり決死隊」結成

雨上がり決死隊で蛍原徹とコンビを組んでいる宮迫博之です。とても有名で知らない人は少ないのではないかというくらいの知名度がありますね。そんな宮迫博之ですが、実は結婚しています。そしてその嫁が実は鬼嫁だというような情報がありますが、そんなことはないのではという情報もあります。次の段落では宮迫博之の結婚した嫁について少し調べていきます。

スポンサードリンク

結婚した嫁は実は鬼嫁だったのか?

宮迫博之の結婚した嫁は元バレリーナの綺麗な女性のようです。まずはそんな嫁からの猛烈アタックを受けたという宮迫博之です。

結婚するか、一生会わないか、どっち?

数年の付き合いから破局し、お互いに違う生活を送っていた二人。別れてから数年後、いきなり嫁から一本の電話が来ます。

「結婚するか、一生会わないか、どっち?」
電話越しに凄い勢いで迫られ、思わず「うん」と言ってしまった宮迫さん。次に電話したときには式場も衣装もすべて決められていたそうです。

こんな感じの嫁ですが、実は宮迫博之をとても愛しく思っているようです。実は宮迫博之が

がん

だとわかったときにはものすごく心配していたようです。

思いも寄らぬ夫のがん発症に打ちひしがれ、家事も満足にできない状態にあるというA子さん。
現在、宮迫の義母、すなわちA子さんの実母が長男の面倒や家事も引き受けているという。

「A子は気落ちしてしまって…。普段、あいつはよく飯食いよるんやけど、今は物が喉を通らへんみたいで、嫁が“なんか考え込んでしまって、ご飯も食べよらへんねん…”って心配して電話してくるんです」(前出・義父)

宮迫は、今まで一度も見たことのない妻の憔悴ぶりを目の当たりにし、これは自分が腹をすえて、
病気と立ち向かうしかないと覚悟をしたようだ。

スポンサードリンク

この引用記事内容から分かりますが、実は宮迫博之の嫁は鬼嫁なんかではなく、宮迫を心配してくれるいい嫁ということですね。そんな宮迫と嫁との関係はとても仲良し夫婦で離婚といったこととは無縁の位置にいる仲良し夫婦ということですね。そしてそんな宮迫博之には息子がいます。次の段落で息子についてしらべていきます。

息子の名前は何?気になる中学と高校はどこ?

宮迫博之には息子がいます。その息子の情報について紹介していきます。

結婚して5年後の2001年に男の子を授かります。

名前は陸(りく)くんです。

名前が陸(りく)というんですね。現在は18歳ということですね。そしてここから気になる芸能人の子供の通っている学校について調べていきます。まず中学からいってみます。

学校ですが立教小学校に受験しますが残念ながら不合格となったようで都立の小学校に通いました。そしてリベンジで中学受験をして成城学園にみごと合格しました。

小学校を受験したんですが、失敗してしまったんですね。しかし中学は成城学園に合格できてよかったですね。そして気になる高校についてですが、特に情報がなかったんですがそのままエスカレーター式に高校も成城学園に進学したと考えられますね。実はサッカー部に入っているというような情報もありますので、勉強をしながらサッカーも頑張っているんでしょうね。なんか青春という感じでいいですね。そしてここからは宮迫博之と息子との感動的な話について触れていきたいと思います。とてもいい話で心にグッとくるものがあります。

宮迫博之と息子の感動的な弁当の話とは?

実は宮迫博之は息子によくお弁当を作っているということをコメントしています。そんな息子に弁当をつくるのももう少しで息子が高校を卒業すると無くなってしまうというようなそんな寂しい気持ちになっていた時のことです。そんなことをおもっていたところになんと息子が言葉をかけてきた。その内容が感動的です。紹介します。

3年間お弁当ありがとうございましたッと息子がハミガキをしている私に言ってきた。照れ笑いで、オゥッ‼︎
息子が部屋を出て行った後に、歯磨き粉が目にしみたのかな?少し涙が出ました

これは泣ける話ですね。宮迫博之は自分の仕事があって大変でも息子に弁当を作ってきた三年間ですが、そんな宮迫博之の想いがきちんと息子の心に届いていたんですね。僕も様々な記事を書いていますが、今回のこの息子の発言にはとても感動しました。やはりこのような人間関係って素晴らしいなって思いました。なかなかこのようなことって照れくさくて言えないですが、そこはきちんと伝えたほうがいいなということですね。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサーリンク