安藤政信の嫁の名前は静香?顔がアイドル級に可愛いってマジ?画像あるの?

Pocket

今回は安藤政信の嫁について調べていきます。安藤政信のようなイケメンの嫁っていったいどんな人かが気になって調べてみました。最後までご覧いただけると嬉しいです。


安藤政信とはどんな人かについて。

名前:安藤 政信

生年月日:1975年5月19日

出身地:神奈川県

身長:175cm

血液型:O型

職業:俳優

スポンサードリンク

安藤政信と言えばイケメン中のイケメンですね。こんなカッコいい男ってなかなかいないでしょってくらいのイケメンだと僕は思います。様々なドラマや映画で活躍している俳優ですね。ここ最近では

コード・ブルー 3rdシーズン

に出ていましたね。山下智久のライバルの先生役でしたね。こんなカッコいい医者だったら病院行くつらさも少しは減りますね。そんな安藤政信ですが、実は結婚しているという情報があります。気になる嫁について調べていきたいと思います。

安藤政信の結婚した嫁の名前は静香?画像はあるの?

安藤政信の結婚した嫁の名前は静香というみたいです。どんな人か気になりますが、実は一般人みたいですね。画像について調べてみましたが、一般人ということで画像はありませんでした。しかし全く情報がないというわけでもないということです。分かっていることについて紹介していきます。

嫁の職業はアパレルの店員?!顔がアイドル級に可愛い?!

安藤政信の結婚した嫁の仕事はアパレルの店員のようです。なんかアパレルの店員と聞くだけで綺麗な印象を受けますね(笑)しかもなんとルックスがアイドル級ということみたいです。堀北真希に似ているようです。可愛いこと確定ですね。結婚するまで10年位交際していたようで、お互いのことを分かっている間なんでしょうね。また安藤政信と嫁との間には子供がいるようです。子供のことについて調べてみました。

安藤政信の子供とは?

安藤政信には子供が2人いるみたいです。子供の詳しい情報は分かりませんが、実は安藤政信は率先して子育てをしているみたいです。休日には一緒に遊んだり、子供を寝かしつけたりということをしているようですね。安藤政信ってイケメンだし、イクメンだし最高の男性ですね。そんな安藤政信ですが以前テレビに出ることが少なかった時期がありました。その時には消えたとか干されたというようなことを言われていました。ここらへんのことも気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

安藤政信が消えた理由とは?

安藤政信のこの当時の状況について紹介していきます。

1998年のドラマ「青の時代」に出演以降、テレビドラマに全く出演しなくなり、一時期「消えた」という噂も流れました。

以前は一年に一本のペースの出演が望ましいと公言していたものの、映画『46億年の恋』のプロモーションの際に少なすぎることを認め、近年は積極的に映画への出演をしている。一時期、映画やテレビにも出演せず、事務所HPにも名前が無かったことから引退説まで流れた。

この引用記事内容からして消えたとか干されたとかと言われるのも分かる気もしますね。人気があったのに突然テレビに出てこなくなったらいったいどうしたのかなって思いますね。実は安藤政信がテレビに出なくなった理由について本人がこのように語っています。

※「映画のみでやっていきたかった」

※「日本の業界スタイルが自分のスタイルと合わなかった」

※「1つの役を演じるとなかなか切り替えられない」

安藤政信は映画一本でやっていきたかったんですね。また1つの役をやるとなかなか切り替えができないってそんな不器用なところもまた魅力的ですね。僕が思うことですが、安藤政信って仕事に対するこだわりが強いんですね。全く関係ないですが、僕が若かりし頃まだファッション雑誌を読んでいた時によくそこに安藤政信が出ていました。同じ男性ですが、こんなにカッコイイ男っているんだって衝撃を受けた覚えがあります。今はもうファッションの流れが変わってるんでしょうが、当時安藤政信はビビアンウエストウッドとかを上手に着こなしていて、似合ってるしカッコいいし、いいななんて思った記憶があります。そんなオシャレなイケメンだからアパレルの店員と恋愛結婚したのかななんて今回記事を書いていて感じました。というボヤキはここらへんにして、安藤政信の現在について調べていきます。

安藤政信は現在どうしているの?

上の段落で書きましたが消えたというようなことはないということです。最近の安藤政信は俳優として活躍しています。ここ最近では「コードブルー」に出演したり、少し前ですが「校閲ガール」にも出演していました。現在は俳優として活躍している安藤政信ですが、これから更なる活躍に期待しています。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサーリンク