尾田栄一郎の嫁はミュージカルでナミ役の人?元モデルで顔が可愛すぎる?

Pocket

今回は尾田栄一郎の嫁について調べていきます。それに関連する子供の情報にも触れていきますので、最後までご覧いただけると嬉しいです。


尾田栄一郎はどんな人?声優と親しい関係とは?

名前:尾田栄一郎

生年月日:1975年1月1日

出身:熊本県熊本市

職業:漫画家

代表作:ONE PIECE

受賞歴:WANTED!で第44回手塚賞準入選
一鬼夜行:第104回ホップ☆ステップ賞入選
ONE PIECE:第41回日本漫画家協会賞大賞

スポンサードリンク

尾田栄一郎はONE PIECEの作者で漫画がギネス記録となっていますが、実はアニメもすごい人気があります。そんな尾田栄一郎ですが、実は声優ととても親しいという情報があります。

自宅

で開かれるパーティーには「ONEPIECE」声優の古谷徹や、三石琴乃も参加しているという情報もあり実はこの自宅のたこ焼きパーティーには多くの声優が参加しているようです。自宅が広いということが知られていますが、実はこの自宅で多くの人との交流をはかっているようです。やはり人間関係って大事ですね。そしてここから尾田栄一郎の嫁について調べていきます。

尾田栄一郎の嫁は元モデルの稲葉ちあき!顔写真アリ!

尾田栄一郎と結婚した嫁は元モデルの稲葉ちあきです。どんな人かというと

1999年のキリンビールのキャンペーンガール(キリン・ドラフトマスターズ)の1人です。

とても綺麗な人ですね。この写真がありますが、写真でこれだけ綺麗ということは実際はもっと綺麗なんでしょうね。そんな嫁とは実はできちゃった結婚みたいです。しかも嫁はONEPIECEの大ファンということです。実はこのようなエピソードもあります。次の段落で詳しく紹介していきます。

ミュージカルでナミ役を演じたことがある?

実は尾田栄一郎の嫁はワンピース好きということからこのような経験があります。

ジャンプフェスタのワンピースのミュージカルでナミ役を演じた。

そしてこのようにも言われています。

尾田栄一郎のお嫁さんは、リアル・ナミ!?

尾田栄一郎の嫁はナミ似の美人!

原作のナミさん同様ナイスバディです!

スポンサードリンク

ルックス的に綺麗ですが、スタイルも抜群ですね。しかも嫁の稲葉ちあきの実家は会社を経営していてお金持ちのお嬢様ということです。ルックスいいし、スタイルいいし、育ちもいいし、しかも料理も上手といったみたいで完璧な女性ですね。そんな尾田栄一郎と嫁との間には子供がいます。次の段落で子供について調べていきます。

尾田栄一郎と嫁には子供が2人いる!画像はあるの?

尾田栄一郎と嫁との間には子供が2人いるみたいです。2人とも女の子ということで娘ですね。娘の情報について調べてみましたが、あまり情報がありませんでした。基本的には子供の情報を公開しないというような方針みたいですね。分かっている情報としては、

※長女の誕生が2005年

※次女は分かりません

娘が通っている学校が青山学院ではないかというような情報がありますが、これも確証がありません。ここからは嫁と子供の情報ではなく、気になる尾田栄一郎の情報について調べていきます。実はウルトラヒットする漫画の裏側ではこのようなことがあるのかって内容についてです。

尾田栄一郎の漫画に対する考え方とは?

尾田栄一郎の大人気作のONEPIECEですが、実はこのようなルールに基ずいて書かれているようです。

「作中で恋愛を描かない」、「殺人、死亡シーンはなるべく描かない」、「戦いの後は仲間たちとの楽しい宴を描く」といって制約があるそうです。

多くの人が読む漫画ということで様々なことに配慮がされているということですね。逆にこのような配慮があるからこそ多くの人から支持されるということなんでしょうか?さらにこのような売れっ子漫画家ということでとても仕事が忙しいみたいです。

妻とは仕事に専念するため、週に一回しか会ってないようです。同様に娘にも週一しか会ってないようです。

そしてどこまで忙しいのかということですが、

尾田栄一郎の仕事時間は、早朝5時から深夜2時までのハードスケジュールと言われています。

多くの人の期待に応える漫画家ってとても大変ですね。嫁や子供にもあまりあわずに集中して漫画を描き続けているということですね。その結果ウルトラヒットした多くの人の胸に届く漫画が出来上がっているということなのかも知れませんね。僕もONEPIECEのファンなので、これからもあまり無理はせずに体に気を付けて尾田栄一郎に頑張ってもらいたいなって思います。いつもONEPIECEを読んでいて感じるんですが、ストーリー設計が最高ですね。今の時代の多くの人の心に届くいい内容だなって思っています。きっと僕と似たような印象をもって楽しんで読んでいる人もいるんじゃないかなって思ったりもしています。ということでここで今回の記事は終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサーリンク