滝沢秀明の生い立ちとは?幼少期が極貧だった?気になる家族関係とは?

Pocket

今回は滝沢秀明の生い立ちや家族関係について調べていきます。現在では圧倒的な知名度の滝沢秀明ですが、実は幼少期にとても苦労されていたようですね。それに関することを今回はまとめてみました。


ジャニーズの滝沢秀明はどんな人かについて。

名前:滝沢秀明

生年月日:1982年3月29日

出生地:東京都八王子市

身長:169 cm

血液型:A型

職業:歌手・俳優・タレント

スポンサードリンク

ジャンル:テレビドラマ・舞台・CM

今では知らない人がほとんどいないというくらいの知名度を誇っている滝沢秀明ですが、実は昔は辛い過去があったようです。そんなことを調べていきます。

生い立ちが複雑?親の離婚と極貧な子供時代とは?

滝沢秀明は子供のころに親が離婚しています。その際に姉と兄と滝沢秀明は母親とともに暮らす道をとりましたが、母子家庭で生活が苦しかったといわれています。このような本人コメントがあります。

「母親が作る餃子の中身は、肉ではなくツナだった。それが普通だと思ってた」

このかんじからして極貧だったことがうかがえますね。経済的に厳しかったからここまで食費を切り詰めたんですね。母親1人で子供3人育てるのってとても大変ですね。

滝沢秀明の本名が指田秀明ってマジ?

滝沢秀明の旧姓は指田秀明というみたいですが、母親が再婚してその再婚相手の名字が滝沢ということで今では滝沢秀明というみたいです。さらに母親が再婚相手との間に出産したということで滝沢秀明にとっては父親違いの兄弟がいるという情報もあります。ということでここからは気になる家族関係について紹介していきます。

滝沢秀明の兄はもんじゃ焼き屋の社長?

滝沢秀明の兄はもんじゃ焼き屋を運営しているようです。「東京月島もんじゃ 滝沢家」というお店のようですね。メニューもたくさんあって繁盛しているみたいですね。そんなお兄さんですが実は数年前に亡くなっているみたいです。

死因

についてははっきりとわかっていません。恐らく病気ではないかと言われています。もし事故とかであればニュースになっているでしょうからね。そしてここからは多くの人が気にしている滝沢秀明の引退理由について少し調べてみました。実はこの引退理由と生い立ちが関係しているんではないかと思います。ということで調べていきます。

滝沢秀明の引退理由の真相は子供時代と深く関係している?!

滝沢秀明のジャニーズ入りの源は極貧からの脱却と言われています。母子家庭で生活に困窮していたことをなんとかして脱却したいということから、13歳のときにジャニーズ事務所に履歴書を送ったという情報があります。ここでジャニーズの社長に目をかけてもらったから今があると滝沢秀明は言っています。そんなジャニーズの社長に恩返しがしたいということが引退理由の本当の理由みたいですね。滝沢秀明には自分がジャニーズのメンバーとして活躍するという道と他の人を指導する道の二つがあります。特に滝沢秀明の人間指導には定評があります。ここではその一部を紹介します。

スポンサードリンク

――まもなく35歳になる滝沢さんですが、10代の頃からジャニー喜多川社長に見込まれて、ジャニーズJr.グループのリーダーとして若手育成も手掛けてこられました。コンサートやステージでは数多くの後輩をまとめてきた実績があります。まずは、数百人以上もいるジャニーズJr.のリーダーとして意識していることを教えてください。

滝沢:大人数をまとめるのは大変そうだと思われますが、実は意外と簡単な方法があるんです。それは「自分の一番近くにいる後輩を、いい人間に育てる」こと。それさえできれば、後輩が10人いようが、100人いようが一緒だと思っています。

――頭ごなしの指導はしないと。

滝沢:「後輩なんだから、先輩の言うことは黙って聞け!」と言うことは簡単です。でも、それをやると、僕の前では頑張るのに、僕がいないときは頑張らない……という形になってしまって、表面的な解決にしかならないので。僕らの仕事は一人で進められるものじゃないし、後輩といえども大切なパートナーですから。協力がない限りは成立しない。だから、人間関係を重視するんです。

滝沢秀明って人格者ですね。僕もこの引用記事と似ている考えを持っています。多くの人に喜んでもらうには目の前の1人を喜ばせることということです。多くの人はなにかに焦ってすぐ結果を出したいとか大勢に気に入られたいと思うみたいですが、当たり前ですが目の前にいる1人を楽しませられない人が100人やそれ以上を楽しませられるわけがないということですね。この滝沢秀明のスタンスはとても共感できるし、さすがにリーダーという素質を持っていると思いますね。この滝沢秀明の名言に心を奪われたので僕も2018年の読んでいただいた方に感謝の意味を込めて僕の好きな言葉を書いてみます。とても名言です。(迷言かも?)

人生は自分が主人公のゲームということ?!

今回の滝沢秀明の幼少期の辛さでもそうですが、生きていればいいことばかりではなく辛いことにもよく直面します。滝沢秀明は人のいい部分を褒めて伸ばすタイプですが、そのような人はごく少数だと僕は思います。生きていれば多くの理不尽もありますし、下を向くこともあります。でもそんなときはこの人生は自分が主人公のゲームだと思ってそれをなんとかクリアーできるように頑張ればいいという意味です。あまり深く思い詰めることなく、この世界は自分中心に回っているというように前向きに考えたり、もっと大きく俯瞰してとらえれば目の前の問題の解決策も見つかるのではないかということです。このような感じで人生を楽しく生きていければいいなという意味ともう少しで2018年も終わりですので、今年一年間このサイトに来ていただいた感謝の意味も込めて書きました。いつも長文にお付き合いいただきましてありがとうございます。来年2019年はもう少し楽しいと感じていただける記事を書けるように頑張りたいと思いますので、お時間あるときは暇つぶしに覗いていただけると嬉しいです。という感謝の気持ちを込めてこの記事は終わりとします。

by 芸能人のどこまでいっても気になる噂の管理人より。

スポンサードリンク