本田圭佑の病気はバゼドウ病なの?病気前と後では顔や目が違うってマジ?

Pocket

今回はサッカー選手の本田圭佑の病気について調べていきます。様々な憶測が飛び交っています。なるべく多くの情報を集めてまとめてみました。最後までご覧いただけると嬉しいです。


本田圭佑はACミランのエースナンバーを背負うスゴイ人です!

本田圭佑について紹介します。

生年月日:1986年6月13日生まれ

出身:星稜高校サッカー部出身

経歴は名古屋グランパスエイトを経て オランダのVVVフェンロ―を経て CKSモスクワで活躍その後 ACミランに所属 全日本の代表のエースです。

ACミランのエースナンバーを背負う天才的なサッカー選手ですね。そんな本田圭佑ですが、少し前から病気なのではないかということが言われています。本人の口からは一切コメントがないために憶測が飛び交っています。今回はそんな情報を整理して分かる限りのことをまとめていきます。まず本田圭佑は目がおかしいといわれていますが、そのことについて調べてみました。

目の状態がおかしいのはレーシック手術の失敗が原因なの?

スポンサードリンク

本田圭佑の目がおかしいといわれている情報から紹介していきます。

サッカーW杯最終予選で活躍した本田圭佑選手(27)の目の様子がおかしいのではないかと話題になっている。週刊誌はある病気の可能性を報じたが、真実味はどこまであるのか。
ギョロっとした目付きに変わり、目が左右に動いているようにも見える――。

たしかに写真で見る限りやや不自然な感じがしますね。このような不自然なことになったのは実はレーシック手術が失敗したという情報があります。

本田は昨年六月に、「新宿近視クリニック」(東京都新宿区)で視力矯正のレーシック手術を受け、同時に新宿近視クリニックの広告キャラクターに起用されたことが公表されている。報道などによると、本田の視力は手術により〇・四から二・〇に改善されたという。

レーシックに詳しい眼科専門医師に本田のテレビ映像を見てもらった。「本田選手の眼を見ると左瞼が下がる『眼瞼下垂』の症状が出ている。これが視力のせいなのか、他に原因があるのかは診察しないと判断が難しい。一般論で言うと、レーシック手術で二・〇は視力を出しすぎで〝過矯正″の可能性がある。二・〇の度数に合わせた眼鏡をかけると頭が痛くなるのと同じで、体調に悪影響が出ることはありえます」

この引用記事内容から判断するとレーシック手術の失敗というような解釈もできます。ただし本田圭佑はこのことを否定しています。このようなレーシック手術の失敗ということについてメディアがあることないことを書いたと本人が語っています。ということでレーシック手術の失敗を否定したことによって実はバゼドウ病なのではないかといった疑いが出ています。ということで続いていきます。

本田圭佑の病気はバゼドウ病ってホント?

本田圭佑はバゼドウ病なのかということが疑われていますが、そもそもバゼドウ病とはなにかということをまず紹介します。

「バセドウ病」とは甲状腺ホルモンが過剰につくられる病気で、代表的な症状として「甲状腺腫」「眼球突出」「動悸などの甲状腺ホルモンの過剰によって起こる症状」などがあるという。他にも手足の震えや汗をたくさんかくようになる、また疲れやすくもなるという。

スポンサードリンク

僕が個人的に今回の記事書いて疑問に感じるのはもし本田圭佑がバゼドウ病ならあのようなハードなプレーはできないのではないかと思います。そしてこのようなことも言われています。ここまでですがバゼドウ病かどうかという真相は分かりません。そしてここからさらに気になることがあります。本田圭佑がバゼドウ病ということの前提で考えるとこのような展開になります。

病気前と後では顔や目が違うと言われる?

目の変化についてですが、些細なことも注目されています。

本田圭佑の目の変化が顕著になったのは、ACミランに移籍した後からで、2015年ぐらいからだと思われますが、実は、2014年1月に首の手術をしています。おそらく、甲状腺の手術と思われます。本田圭佑の首のところに、手術と思われる傷跡が、はっきりと確認できます。このころの、いろいろな画像を通して、傷が確認できます。本田圭佑は、ACミランに移籍するのが決まって移籍する前に、日本帰国しました。その時の極秘行動についていろいろ言われていますが、手術を受けたことが確実視されています。本田圭佑は、ACミラン移籍の直前に、日本で極秘に、首の手術を受けました。甲状腺の手術だと思われます。バセドウ病の手術です。

目の変化や顔の変化についてはこの病気の前後で大きく変わるということです。このことから判断するとバゼドウ病なのかなって思いますが、本人が何もコメントしていないので確証がありません。もちろん病院側もトップシークレットですから何も言いません。そしてここからさらに気になることについて踏み込んでいきます。

バゼドウ病ならば完全に治ることは難しい?

もし本田圭佑がバゼドウ病ならば完全に治ることは難しいということです。それ以前にあのようなハードなプレーもできないと思いますけど。そして今回記事を書いていて個人的に疑問に感じたことがありますので、それを少し書いていきます。本田圭佑はべゼドウ病ならばそれを何故公開しないのかということです。いろいろと情報を探してみましたが、真相は分かりません。そこで僕の考えを書きます。

僕の考えはもしかしたら実はACミランとの契約内容に何か関係があるのかなって感じです。これはあくまでも個人的な予想です。

自分はプロのサッカー選手であり、けがや病気は関係なく、自分がいかにプロとしてのプレーが出来るかということを、第一に考えているから病気は公表しないのかも?

このような引用記事もあります。やはり自分がプロである以上は言わないというあたりは最高頂点にいる人らしいなとも思いますが、個人的にはあまり無理はしないほうがいいんじゃないかなって感じですけどね。そして最後に今回調べていてマジかっていうことがありました。

本田圭佑が癌なのかという噂とは?

今回調べていて本田圭佑は癌ということがあってマジでヤバいなって思いました。そうしたら違いました。

病気の癌というわけではなく、本田選手のことをに日本代表の癌と思っている方が多いらしいということ。本田選手が癌と言われ始めたのは、ザックジャンパンの時。本田選手の高校の先輩でもある豊田選手が本田選手について、批判したのがきっかけのようです。

サッカーのプレーの内容的に意見が食い違うということだったんですね。焦りましたね。ということでこれからも本田圭佑が無理せずにサッカーで活躍してくれることを期待しています。ということで今回の記事はここまでです。最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサードリンク
スポンサーリンク