中居正広の司会について気になることを調べてみた!

Pocket

今回は中居正広の司会について調べていきます。司会力のすごさや今までに様々なことをしてきたというエピソードについても触れていくので、最後までご覧いただけると嬉しいです。


中居正広の司会力が凄い件について考察!

数々の番組で司会を務めている中居正広です。その司会力の凄さには多くの人が脱帽しています。中居正広ってすごいよなと僕が感じたエピソードについて一つ紹介していきます。ジャニーズというアイドルでありながらこのようなことができることのすごさに僕はただただ驚きます。ということで書いていきます。

中居正広は司会者としてトラブルにも柔軟に対応する。

中居正広はかつて音楽の日という音楽番組で起きたトラブルに柔軟に対応したことが大きな話題になりました。平井堅が歌ったときにイヤーモニターから音が出なかったんですね。その時の中居正広のコメントが

確認してからにしましょうか。大丈夫ですよ、編集でバッサリいきま…あ、生放送ですね

と笑いで返していたということです。音楽番組の生放送でのアクシデントに笑いでその場を対処した中居正広の司会については視聴者から称賛の声が多数でした。なかなかこんなことはできないですね。さすが中居正広だなと思います。そして気になることがもともと中居正広は司会者として有能だったのか?ということが気になったので調べてみました。

中居正広は唯一無二のポジションに司会者になるために今まで努力していた。

実は中居正広は若い頃から唯一無二の司会者になるために努力してきたという情報があります。中居正広は自分はジャニーズのアイドルだが、トークができるようになろうとずっと思っていたようです。そして何とか司会の仕事はないか?アシスタントの仕事でもいいからということでとにかく仕事を事務所に求めていたことから徐々に仕事が入ってきたということです。このような地道なことを重ねていたんですね。そのような努力が実って25歳という若さで紅白歌合戦の司会者に選ばれたということです。また中居正広のすごいなということについて紹介していきます。中居正広は自分が司会者をすることでアンチがでることや嫌われることを理解しているという情報があります。そのことについて触れていきます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

中居正広は自分が嫌いという評判がたつことを理解している?

中居正広は自分が司会としてやっていくには恋愛の話や下ネタもしていかないといけないということを自覚してたとえ嫌いという評判が立ってもいたしかたないということで恋愛の話や下ネタもできるという路線を目指したということです。そして徐々にそのことが受け入れられていったということですね。普通に考えればジャニーズのアイドルですか恋の話や下ネタというのはよくないかなという気もしますが、中居正広は自分が司会者としてやっていくには必要だと判断して嫌いという評判が立つことも理解してそのような行動に出ていたということですね。ここら辺の考え方がすごいなと思いますね。ただし中居正広は司会をするときには様々なことに気を使っているという情報があります。中居正広が司会をするときには椅子に気を使っているという情報があります。足が床につく高さの椅子を用意してもらっているようですね。たしかに椅子が高すぎて足が空中に浮いているとなんとなく話しにくいというのはわかりますし、こういう細部まで気を使っているということはさすが中居正広は一流の司会者だなと僕は思いました。そして今回中居正広の司会について情報を調べていたらネット上で中居正広のマネージャーはどういう人なのか?ということを調べる人が多くいるようなのでそのことについて少し調べてみました。

中居正広のマネージャーはどんな人かについて調査!

中居正広のマネージャーというとスマップの元女性マネージャーの飯島三智をイメージしますが、今現在はジャニーズを辞めて新しい地図(香取慎吾・草彅剛・稲垣吾郎)で活動しています。ということで中居正広のマネージャーはどんな人か?ということですが、この飯島三智の部下であった上久保という男性がマネージャーをしているようです。実は中居正広とこの上久保という男性がマネージャーはタレントとマネージャーの関係が約20年間とも言われています。飯島三智ぎたときからスマップのメンバーは忙しかったことから個別にマネージャーがついていたみたいですね。そんな付き合いも長いことから中居正広はこの上久保という男性がマネージャーに絶大な信頼を置いているといわれています。テレビ収録の間に中居正広がこのマネージャーを呼んでいるというシーンもあり、タレントとマネージャーの垣根を超えた付き合いなのかもしれませんね。中居正広が司会をしている裏側を支えてくれてるという感じもしますね。これからも中居正広とマネージャーが協力してよりより活動をしていけることを期待しています。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサーリンク