堀江貴文(ホリエモン)に子供がいるってマジ?衝撃の子供時代とは?!

Pocket

今回は知名度が高く知らない人はいないのではないかという起業家のホリエモンこと堀江貴文の子供について特集していきます。子供がいる?本人の子供時代が衝撃的とは?ということについてまとめていきます。それではさっそくいってみましょう。


堀江貴文(ホリエモン)はどんな人かについて。

名前:堀江貴文(ほりえ たかふみ)

出身地:福岡県八女市

生年月日:1972年10月29日

身長:173cm

体重:非公表

最終学歴:東京大学文学部中退

スポンサードリンク

事務所:不明

このプロフィールをみて少し驚きがあるのが東大中退なんですね。この中退理由がなんと在学中に起業をしてといったようなことみたいです。行動が早いんですね。その大学を中退して作った会社が有限会社オン・ザ・エッヂということですね。ライブドアの前身となる会社ですね。そんなホリエモンの経緯について紹介していきます。

有限会社オン・ザ・エッヂはホームページ制作や管理運営を請け負い急成長し、2002年には経営破綻した旧ライブドア社から営業権を取得するまでになりました。

2004年に大阪近鉄バファローズが経営難に陥ったことでオリックス・ブルーウェーブとの合併が噂され、そこに買収の名乗りをあげたことにより一躍時の人となりました。しかし、審査の結果、楽天が球界参入を果たし、ライブドアは参入を果たすことは叶いませんでした。

球団買収騒動の翌年、今度はニッポン放送株の買収により子会社のフジテレビジョンを手中に収めようと画策するも各報道機関を巻き込んだ大騒動に発展。最終的にフジテレビジョンと和解したものの、フジ側がライブドアに支払った額は1,400億円に上ったとも言われています。

野球の球団を買収しようということが当時大きな話題を呼んでいましたね。しかし球団買収は失敗に終わってしまった。そのあとは選挙にも出馬しましたが落選しました。そして

2006年1月16日。証券取引法違反容疑で東京地検特捜部による家宅捜索が行われ、その後証取法違反で逮捕。裁判を経て、懲役2年6ヶ月の実刑判決が下され、東京拘置所に収監。長野刑務所に移送後、2013年に刑期を満了されています。

逮捕されてしまいましたね。今回の記事テーマではないので詳しくは書きませんが、球団買収時にどうやらtシャツで記者会見に臨んだりりしたことや日本の古くからのしきたりに正面から歯向かったことによっていわゆる見えない力からの圧力で逮捕の原因となったというようなことをこの当時聞いた記憶があります。もちろん真相は分かりませんが、そんなことも少しは関係があったのかななんて僕は思っていました。そして今回のテーマである堀江貴文の子供に行く前にまず気になる結婚から調べていきます。

堀江貴文(ホリエモン)はいつ結婚したの?

ホリエモンの結婚について調べてみました。

1999年に会社の同僚であった女性と結婚をした堀江貴文さん。

できちゃったので仕方なく結婚したら、子供が可哀想だとか、そういう意見もありましたが、別に仕方なく結婚したわけでもなく、好きだから行為して子供ができたんだけど、そらあ、できるわなあ。

と。でも、実際我慢できないシチュエーションもあるのかなあ。

できちゃった結婚だったんですね。この引用記事によると好きで結婚したとあるので順番は問題ではないですね。しかしそんな結婚もどうやらホリエモンの肌に合わなかったようで、結婚して2年で離婚していますね。そんな離婚理由について紹介します。

それで子供ができたら結婚したほうがいいと勧められ、まあ、そういうもんなのかな、と思いつつ結婚しましたが、自分の場合は結婚生活になじめないというか、社長業で毎日朝から晩まで働いてみたいなのが、使命だと思っていたしそれが優先されるべきものという考えでしたから、当然のように家庭生活中心の考えとは合わず、離婚となってしまいました。まあ、他にも色々あったけど一番の理由はそれかな。別れてからはずっと養育費を毎月送金しております。

元妻とはいまでも年に1,2度は少なくともメールで連絡しますし、子供の誕生日のプレゼントなど贈ったりもしますが、私の場合はやはり家庭の父親向きではないとおもいますね。子供といて心底楽しいとずっと思いつつけられるかは自信がありません。わがままと言われそうですが、自分の人生での目標達成のほうに集中したいと思ってしまうほうです。そういう意味でも離婚は正解だったと今でも思っています。

やはり起業家ということでたくさん背負うものもあって家庭を顧みれないことが離婚の大きな原因だったんですかね。また現在子供が学生でお金がかかるために養育費を払っているということですが、気になるホリエモンの子供について調べていきます。

スポンサードリンク

堀江貴文(ホリエモン)の子供の年齢は何歳?画像はあるの?

ホリエモンのできちゃった結婚から逆算して考えると・・・

1999年にでき婚ということで出産は2000年と考えると現在は18歳ですね。高校3年生か大学に進学してるのかな?って感じですね。ちなみに子供の画像はありませんでした。子供の画像を公表しないという教育方針でしょうね。そしてそれ以上になんと

堀江貴文さんの子供は“堀江貴文が自分の父親”だという事は知らされていないようです。

子供が小さい頃に離婚しているので、伝えなかったんでしょうね。でも大きくなったら伝える日とかわかる日が来るんでしょうね。ホリエモンが父親と分かったらなんか驚きますね。そしてここからさらにホリエモンの子供について調べていきます。

堀江貴文(ホリエモン)の子供は秋田にいる?現在の養育費は?!

ホリエモンの子供はどこにいるのかなって思って調べてみました。離婚した嫁の実家が秋田県で現在はそこにいるようです。

秋田県で別れた嫁と子供と嫁の両親2人の4人で暮らしているようです。そしてここから驚きがなんと子供に毎月

養育費50万円

払っているそうです。この養育費50万円はなんと捕まっているときも払っていたようですね。

ホリエモンは逮捕されたときも牢屋の中でお金を稼いでいたようです。ライブドア事件についての記事を頼まれて、その記事を書いたことによる書籍の印税やインターネットを駆使してネットビジネスでも稼いでいたんでしょうね。噂ではホリエモンの年収は15億円とも言われています。そんなに稼いでいたら、養育費の50万円は痛くもかゆくもない金額なのかな?なんて思いました。でも子供は父親の顔を知らなかったりということなので、しかもホリエモンも子供には離婚してから幸福度という点ではどうなのかななんて個人的には思います。そしてここからは子供のことではなく、ホリエモンがどんな子供時代を過ごしてきたかということが気になるのでそのことを調べてみました。

堀江貴文(ホリエモン)の子供時代(子供の頃)が衝撃的とは?!

ホリエモンの子供時代・子供の頃についての情報があるので紹介します。

小学校から帰宅すると、家には誰もおらず、堀江さんは「家に唯一あった本だった」という百科事典を読んで、ずっと両親の帰りを待った。

自宅にいる時の父親は無口だった。ところが酒に酔うと、「せからしか(うるさい)!」が口癖になった。不器用な人で、堀江さんが反論すると、理屈ではかなわないと察してか、すぐに手が飛んできた。

「父は団塊世代の普通の考え方を持つ、普通の人。黙っていれば害はないんです。やっかいなのは母でした」

堀江さんは小学1年生の時、母親に警察の道場に連れて行かれ、以後6年間、いやいやながらも柔道を強制された。母は柔道によって頑健な男に育てようとしたのもしれないが、堀江さんにとっては苦痛でしかなかった。また、中学生の時に「パソコンが欲しい」と母にねだると、お年玉すら与えない母が20万円を手渡し、「新聞配達をして返しなさい」と伝えたという。ビジネス感覚に長けた母は、息子に勉強よりも大事な働くことの価値を伝えようとしていたのだ。

「今にして思えば、23才でぼくを産んだ母は、自分ができなかったビジネスでの成功をぼくに託したかったのかもしれません。ずっと働いていたといっても、現在のように女性が社会に進出する時代ではありませんでしたから。でも、当時のぼくはそんなふうには思えなかった。芽生えたのは両親への反発心だけでした。好き勝手するためには、自立するしかなかったんです」

この引用記事を読んで色々なことを僕は感じました。よくホリエモンが労働収入ではなく、ネットなどで効率よく稼ぐというようなことをいっていますが、それは自分の子供の頃に親の背中をみていてその姿が厳しいものだと子供ながらに感じたからなんでしょうね。そしてさらに感じるのが子供の頃に両親にあまり相手をしてもらえないことにより自己肯定感や自尊心というものが欠如した結果少し性格が歪んだのかもしれません。幼少期のこのようなことは大人になってもお金を持っても変わらない部分もあるから難しい事だと思いますが・・・。しかしそんなことも時間とともに考えが変わったというようなこともあるようです。

「母とは、逮捕後は、函館まで一緒にGLAYのコンサートを見に行って、そのまま打ち上げにも出たりとか、たまに会っていますよ。10月末のぼくの誕生日パーティーにも、誰が呼んだのかサプライズゲストでやって来て、母からの手紙なんかをもらったりして。どんなことが書いてあったかなんて、恥ずかしくて言えないです(笑い)」

今現在はホリエモンは母親とは仲良くしているようですね。良かったですね。実は母親からもらった手紙がとても嬉しかったんでしょうね。本人がメディアで言うお金でほとんど買えても、その母親からの愛情の手紙は値段が付けられないほど価値があるんじゃないかなって僕は今回思いました。これからもホリエモンが元気に過ごせることと事業がうまくいくことを期待してこの記事の最後とします。最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサードリンク
スポンサーリンク